注目記事
Office 365は導入価値あるサービスか?【増補改訂版】
WINGSプロジェクト ナオキ山田 祥寛監修
 クラウド版グループウェアサービスであるOffice 365、それは何なのか? 2015年1月に値上げされた今でも会社に導入価値があるサービスなのかどうかを、実際...(続きを読む)
星5つ! 評価を表示・入力できるスター表示プラグインRateIt
WINGSプロジェクト  吉川 英一山田 祥寛監修
 本連載では、JavaScriptライブラリとして利用頻度の高いjQueryとそのプラグインに着目して、その利用例を紹介します。今回はスマートフォンアプリやショッ...(続きを読む)
GNU AWKはまだまだ成長中! ユーザーの声をもとに作成された拡張機能を組み込んでみよう
斉藤 博文
 GNU AWK(以下、gawk)は標準でGNU MPFR(Multiple Precision Floating-Point Reliably)を用いた拡張があり、数値演算能力が大幅に改善されました。また、...(続きを読む)
ニュース



  • 軽くて使いやすい仮想化技術 「Docker」の仕組みと エンタープライズ開発における4つの活用事例

     様々な局面で活用され、今や開発者にとってなくてはならない存在である仮想化技術。ハードウェアやネットワークなどを仮想的に表現する技術や、仮想化技術を便利に使えるツールなども、次々と開発されています。その中でも、開発者の間でコンテナ型仮想化技術である「Docker」が、最近注目を集めています。本記事では、Dockerの人気を支えている要素「軽さ」「使いやすさ」と、その要素を実現する技術、そしてDockerの要素を活かして実際に活用した事例を紹介します。

    [2014/07/24]

  • 状態遷移図/表、すなわち設計をコードでテストする

     昔々に書いたコード(とその覚え書き)が役に立つことは少なくないもので、3年以上前のアーティクル:『状態遷移表からStateパターンを自動生成する』で紹介した、T4-templateを用いて状態遷移表からC#/C++のひな型コードを吐くってネタが使える案件が降ってきました。とはいえ今回、吐かせたいひな型はCとのこと……まぁ、キモは同じだからなんとかなるっしょ。新たな試みとして、生成されたひな型を使って状態遷移図/表すなわち"設計"をテストします。

    [2015/01/14]

  • ユーザーの操作は発見の宝庫! ユーザビリティーテストでユーザー視点に立った開発をしよう

     「ユーザビリティーテスト」という言葉を聞いて何を想像しますか? マジックミラー付きの実験室でユーザーが操作している様子を観察する。そういった大掛かりなイメージを持たれがちですが、ちょっとした準備で、自分たちのオフィスで日常的に実施することができます。製品が完成した時やサービスをリリースする直前だけ行うのではなく、小さな機能の実装単位でユーザビリティーを確かめてみましょう。今回は、ユーザビリティーテストとは何なのか、やることで何がわかるのか、いくつかの具体例を元にイメージを掴んでみます。

    [2014/11/07]