Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

ビットジャーニー、情報共有ツールの「Kibela」を正式リリース、月5名まで無料で利用できるプランも

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/03/02 11:20

 ビットジャーニーは、クリエイティブな組織作りを支援する情報共有ツールの「Kibela」を3月1日に正式リリースした。

 「Kibela」は、「個人の発信を組織の力にする情報共有ツール」というコンセプトを持つ情報共有ツール。2016年8月よりベータ版として運営されてきた。

 メンバーのプロフィールにはアイコンや名前だけでなく、詳細なプロフィールが記載可能で、メンバー自身の得意分野などをアピールする場が提供されている。

情報を発信したメンバーのプロフィールを簡単に参照することができる(Kibela公式Webサイトより)

情報を発信したメンバーのプロフィールを簡単に参照することができる(Kibela公式Webサイトより)

 情報共有フォーマットには、個人的なメモや考えを共有しやすいBlogと、メンバー全員が編集可能なWikiの2種類が用意されており、用途によって使い分けることができる。そのため、議事録や日報だけにとどまらない利用方法が考えられる。

 料金プランには無料のFreeプランが用意されており、5名までユーザーを登録可能。6名以上の場合は、月に一度でもアクセスがあったアクティブユーザーにのみ月額540円(税込み)を課金するStandardプランを利用する。

 なお、ビットジャーニーは元・クックパッドの井原正博氏が設立した企業。

【関連リンク】
ビットジャーニー
Kibela

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5