Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

コンピューターの国を駆け巡ろう! 大人気絵本の『ルビィのぼうけん』第2弾が登場

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/04/11 07:00

 ブラックボックス、魔法の箱のように思われているコンピューターの中身はどうなっているのでしょうか。子どもたちの疑問に、皆さんは自信をもって答えられますか? 翔泳社では4月10日、大好評を博した絵本の第2弾『ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ』を刊行します。

 子どものプログラミング教育の話題が沸騰した昨年に刊行し、大きな反響を得た『ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング』。それから約1年、翔泳社ではその第2弾となる『ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ』を4月10日(月)に刊行しました。

 退屈なある日、ルビィはマウスと出会い、いなくなったマウスポインターを探しにコンピューターの国に辿り着きます。そこで、コンピューターの中でハードウェアの仲間、ソフトウェアの仲間たちがそれぞれ大切な仕事をしていることを知っていくのです。

コンピューターの国のルビィ

 論理ゲート、CPU、GPUなどの個性的なキャラクターたちとの出会い……しかし、肝心のマウスポインターはどこに? それはぜひ、子どもたちと一緒に探してみてください。

 また、絵本の後半では、自分だけのコンピューターを作ってみるワークショップを用意しています。読み終わった頃には、コンピューターの中身をすっかりイメージできていることでしょう。

 コンピューターをよくわからないけれど便利な「魔法の箱」として見るだけでなく、未来を創るパートナーとして理解するための本書。コンピューターの国のドアが、あなたと子どもたちに開かれるのを待っています。

特設サイトを見てみる

※前作『ルビィのぼうけん』刊行時のリンダさんへのインタビューはこちら

ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ

Amazon SEshop その他

ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ

著者:リンダ・リウカス 訳者:鳥井雪
発売日:2017年4月10日(月)
価格:1,944円(税込)

「保護者の方へ」より(リンダ・リウカス)

150年ほど前、ルイス・キャロルはアリスを、鏡の向こうの不思議な世界へと放り込みました。わたしはルビィを、同じような旅に送り出します。それは大きなOS(オペレーティングシステム)から一番小さなビットまで―そして、その間にある、あらゆるものをめぐる冒険です。

 



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

     翔泳社マーケティング広報課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。ゲームとCOMPが好きです。

バックナンバー

連載:翔泳社 新刊紹介

もっと読む

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5