Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

開発者向けマーケティングに関するカンファレンス「DevRelCon Tokyo 2017」が7月29日に東京・日本橋で開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/03/14 15:00

 MOONGIFTは、開発者向けマーケティングに関するグローバルカンファレンス「DevRelCon Tokyo 2017」を、7月29日にサイボウズ(東京・日本橋)にて開催する。

 「DevRel」はDeveloper Relationsの略で、自社サービスや製品を使用する開発者とのつながりを強固にするマーケティング活動という意味を持つ。Apple、Google、Facebook、Amazonなど、数多くの企業が「DevRel」の一環としてハンズオンやセミナー、開発者ミーティングといった開発者向けイベントを実施している。

 「DevRelCon」は、DevRelを行っている企業や、周辺ツールを開発する企業によって行われるDevRelのカンファレンスで、過去にはロンドン、サンフランシスコで開催され、2017年は北京でも開催を予定している。

 今回の「DevRelCon Tokyo 2017」では、キーノートスピーカーとして日本マイクロソフトの伊藤かつら氏、GitHubのJohn Britton氏が登壇するほか、IBM、Nexmo、Crate.ioなどのエヴァンジェリストも登壇し、DevRelの手法や測定法、スライドの作り方、マーケティング視点におけるDevRelといった講演を予定している。セッションは全て英語で行われ、同時通訳が用意される。

 開催日時は7月29日9時~18時で、会場はサイボウズ(東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー27階)。参加人数は150名で、参加費用は3月末までの申し込みなら超早割の9000円、6月末までの申し込みなら早割の15000円、7月以降の申し込みの場合は20000円。

 このほか、翌7月30日には有償のワークショップ形式による、トレーニングデーを行う。トレーニングはすべて英語だが、逐次翻訳を提供する。


【関連リンク】
MOONGIFT
「DevRelCon Tokyo 2017」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5