Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

かわいい見た目で機能も充実! Scratchで動かせる「nekoboard2」で電子工作を楽しもう

IoT Starter Studio 第14回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載では、IoTハックに興味のある人に向けて、ハッカブルなIoTデバイスを紹介していきます。今回は、ゲーム感覚でプログラミングできる子供向けプログラミング言語「Scratch」で、音センサーや明るさセンサー、スライダーなどが搭載されたセンサーボード「nekoboard2」を試します。

目次

 こんにちは、エンジニアのちゃんとく(@tokutoku393)です。本業ではPHPでバックエンド開発をする傍ら、テクニカルライターとしてdotstudioに参加しています。

 「IoT」というワードが流行って久しく、個人でハックを楽しむ人やイベントも増えてきました。現在では、半田付けなしに繋げられたり、ノンプログラミングで開発できたりと、難しい知識なしで簡単に扱えるIoTデバイスが増えてきています。

 今回は、子供向けプログラミング言語「Scratch」で動かせるセンサーボード「nekoboard2」を紹介します。

nekoboard2とは

 スイッチサイエンス社が発売している、音センサーや明るさセンサー、スライダーなどが初期搭載されたセンサーボードです。子供向けプログラミング言語「Scratch」で動かすことができ、見た目もとっつきやすいネコ型になっています。

nekoboard2

  • 正式名称: nekoboard2(ねこぼーど つー)
  • バッテリー:非搭載
  • 電源供給方法:Micro USB給電
  • Ethernet:非搭載
  • Wi-Fi:非搭載
  • Bluetooth:非搭載
  • 値段:2,500円

Scratchで簡単プログラミング

 Scratchはドラッグ&ドロップで簡単に遊べる子供向けプログラミング言語です。インストールなしですぐに遊べる「Scratch 2.0」や、オフラインでも楽しめる「Scratch 2 Offline Editor」などが用意されています。

 Scratchのプログラムの構造や動かし方は他の言語と同様なので、プログラミングを始める練習にもなります。

音センサー、光センサーなど機能も充実

 nekoboard2は音センサー、明るさセンサー、スライダーなどを初期搭載しているため、他のデバイスなしで手軽に遊び始めることができます。

 ボード上にはそれぞれの機能の名前が書いてあり、初めてボードを使う人でも安心です。

抵抗値センサーを使って独自プログラミングも可能

 nekoboard2に搭載されている抵抗センサーコネクタを使って、Scratch用センサーボード「PicoBoard」の抵抗値センサーを使用することができます。

 抵抗値を扱えるので、温度や発汗などから抵抗値を取得し独自のセンサーとしてプログラミングすることも可能です。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • ちゃんとく(dotstudio株式会社)(チャントク)

     大学までは文系で法学を学んでいたが「モノを作れる人」に憧れて知識ゼロからエンジニアに転身。本業ではPHPでWebサーバサイド開発を担う傍ら、テクニカルライターとしてdotstudioに参加している。Node.jsユーザグループ内の女性コミュニティ「Node Girls」を主催。趣味の電子工作では日...

バックナンバー

連載:IoT Starter Studio

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5