Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

日本マイクロソフト、「Microsoft HoloLens」を活用したプロジェクト「Holostruction」の推進で小柳建設と連携

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/04/21 17:17

 日本マイクロソフトと小柳建設は、自己完結型ホログラフィックコンピュータ「Microsoft HoloLens」を活用したプロジェクト「Holostruction」の推進における連携を、4月20日に発表した。

 小柳建設は、日本マイクロソフトと連携し、建設事業者としてははじめてHoloLensを活用した計画・工事・検査の効率化、アフターメンテナンスのトレーサビリティを可視化するコンセプトモデルを開発しており、将来的な実用化に向けた継続的な開発を行うとともに、さまざまな活用方法を検討していく。

 小柳建設が開発したのは、「業務トレーサビリティ向上を推進」「BIM/CIMデータの活用試行」「新しいコミュニケーションアイデアの試行」の、3つのコンセプトモデル。

 「業務トレーサビリティ向上を推進」では、すべての業務トレーサビリティを確保する仕組みを開発し、計画、工事、検査、アフターメンテナンスのすべてを表現するツールとしての活用と、政府が推進する「i-Construction」の後押しを目指す。

 「BIM(Building Information Modeling)/CIM(Construction Information Modeling)データの活用試行」では、設計図を3Dで可視化しつつ、検査に必要なデータや文書も一緒に格納して、必要な際にただちに表示できる仕組みを開発している。

 「新しいコミュニケーションアイデアの試行」では、3DグラフィックでHoloLensに映し出される図面や現場視界を共有する機能、実物大のスケールで実際にその場にいるかのような体験、建設重機や作業員の配置を計画段階からシミュレーションする機能を開発する。

 小柳建設は、これらのコンセプトモデルの開発・運用、および今後の導入に向けて、HoloLensだけでなくMicrosoft AzureやOffice 365、Dynamics 365なども併用して、建設業におけるすべての事業、すべての業務、すべての行動のデジタル化を推進していく。

 日本マイクロソフトは、今回のコンセプトモデルの開発協力を行ったティーケーネットサービス、および米Microsoftと連携しながら、HoloLensや複合現実を利用したソリューションの実用化に向けた技術支援を行っており、今後も小柳建設を技術的な側面から支援する。


【関連リンク】
日本マイクロソフト
小柳建設

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5