Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

富士通と日本オラクル、国内データセンターからパブリッククラウドサービスを提供

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/04/21 17:20

 富士通と日本オラクルは、国内ではじめて富士通のデータセンターに、オラクルのパブリッククラウドサービス「Oracle Cloud」環境を設置し、「Oracle Database Cloud Service」をはじめとする「Oracle Cloud Platform」サービスの販売を、4月20日に開始した。

 今回の「Oracle Cloud Platform」サービス販売は、富士通と日本オラクルが2016年7月に発表した、日本企業および日本企業の海外拠点への、高性能・高信頼な世界最高水準のクラウド提供に向けた戦略的提携に基づくもの。

 日本オラクルのパブリッククラウドサービスが、富士通の国内データセンターから利用可能になるとともに、「Oracle Database Cloud Service」に富士通のシステムインテグレーションに関する知見やノウハウをベースにした独自機能を組み込んだ「K5 DB(Oracle)」を、「FUJITSU Cloud Service K5 DB powered by Oracle Cloud」として利用できる。

 「Oracle Cloud」は、SaaS、PaaS、IaaSを含む広範なパブリッククラウドサービス群を最大限に統合して提供しており、「Oracle Cloud Platform」では、アナリティクス、アプリケーション開発、データマネジメント、インテグレーションなどの用途に利用できる。

 「FUJITSU Cloud Service K5 DB powered by Oracle Cloud」は、「Oracle Database Cloud Service」をベースに、富士通が持つシステムインテグレーションのノウハウを組み込み、富士通ならではのデータベースサービスとして提供する。


【関連リンク】
富士通
日本オラクル
「FUJITSU Cloud Service K5」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5