Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Microsoft、2017年後半提供の「Windows 10 Fall Creators Update」では、デバイス間で共通のエクスペリエンスを実現する「Fluent Design」を採用、新たな開発ツールも

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/05/15 18:55

 米Microsoftは、5月11日(現地時間)に米シアトルで開催された開発者向けカンファレンス「Build 2017」において、2017年後半に提供を開始するWindows 10の次期メジャーアップデート「Windows 10 Fall Creators Update」の詳細を発表した。

 「Windows 10 Fall Creators Update」における開発者向けの大きな変更としては、「Microsoft Fluent Design System」の採用が挙げられる。「Microsoft Fluent Design System」は、多様なデバイスと入力方法に対応したアプリを開発するデザインの仕組み。異なるデバイス間で共通のユーザーエクスペリエンスやレスポンシブな動作を実現する。

 「Fall Creators Update」の提供にあわせ、新たな開発ツールとして「.NET Standard 2.0 for UWP」および「XAML Standard」の提供が行われる。また、UWPとAndroidだけではなく、今回新たにiOSをサポートするようになった「Project Rome」を使用することで、開発者はモダンなコードによってWindowsとMicrosoft Graphを活用することができ、「Xamarin Live Player」によるWindows PCを使ったiPhoneアプリの開発/テスト/デバッグが可能になる。

 さらに、UbuntuをWindowsストアにおいて提供し、より簡単にインストール可能にするとともに、Windows Subsystem for LinuxとしてWindows上にインストールできるディストリビューションとして、SUSE LinuxとFedoraが追加される。

 このほか、AIとディープラーニングを活用して写真や動画を自動編集する「Windows Story Remix」や、WindowsストアではiTunes、Autodesk SketchBook、SAP Digital Boardroomといったアプリケーションの提供が予定されている。


【関連リンク】
日本マイクロソフト
Microsoft announces the next wave of creativity with the Windows 10 Fall Creators Update(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5