Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

グレープシティ、業務アプリ向けコンポーネントスイート「ComponentOne Studio 2017J v1」を発売、ガントチャートや1レコード複数行表示グリッドを追加

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/05/17 13:25

 グレープシティは、業務アプリケーション開発に役立つコンポーネントを多数収録したスイート製品「ComponentOne Studio 2017J v1」を、5月17日に発売した。1年定額制のサブスクリプション方式で、最上位エディション「ComponentOne Studio Enterprise」の、1ユーザーライセンスは税込で162000円、1年単位の更新費用は税込で64800円(初期費用の40%)。

 「ComponentOne Studio」は、Visual Studioによる開発を便利にする、Windowsフォーム/ASP.NET MVC/ASP.NET Web Forms/WPF/UWP/Silverlightアプリケーション用コンポーネントスイート。プラットフォームごとに、データグリッド、チャート、帳票、コンテナ、ナビゲーションといったUI部品を多数提供する。

 今回リリースされた「ComponentOne Studio 2017J v1」では、ガントチャートを簡単に実現できる「GanttView」が新たに搭載された(「ComponentOne Studio for WPF」に収録)。プロジェクトに関するさまざまなタスク/アクティビティの制御や、各タスク/アクティビティの開始と終了、割り当て時間の追跡、重複タスク/アクティビティの制御など、多彩な機能を備えている。

GanttView
「GanttView」のイメージ

 また、1レコードを複数行で表示可能なグリッドコントロール「MultiRow」も搭載しており(「ComponentOne Studio for ASP.NET MVC」に収録、「ComponentOne Studio Enterprise」契約ユーザーのみ利用可)、紙伝票のような画面を提供できる。

MultiRow
「MultiRow」のイメージ

 ほかにも、CustomContentPresenterプロパティを利用した「TreeView」ノードのカスタマイズ(「ComponentOne Studio for WinForms」に収録)に対応するとともに、Excelのピボットテーブル/ピボットグラフに類似したオンライン分析処理コントロール「OLAP」(「ComponentOne Studio for ASP.NET MVC」に収録、「ComponentOne Studio Enterprise」契約ユーザーのみ利用可)、入力フォームのように機能する「InputPanel」(「ComponentOne Studio for WPF」「ComponentOne Studio for UWP」に収録)が新たに搭載された。


【関連リンク】
グレープシティ
「ComponentOne Studio」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5