Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

クラスメソッド、Amazon Alexa技術に特化した専門部署を新設

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/05/30 18:10

 クラスメソッドは、Amazon Alexaおよび周辺のクラウド技術を専門に扱う事業部を、5月に発足した。すでに、海外グループ企業を通じてAmazon Alexa Skills Store向けにいくつかの音声対話アプリケーション(Alexa Skills)を公開し、利用シーンに合わせた音声対話インターフェース(VUI)の設計開発・運用保守を行っている。

 Amazon Alexa事業部は、クラスメソッドと日本、カナダ、ドイツのグループ会社による混成チームで、最新のデバイスやクラウド技術をいち早く調査してテンプレート化し、多くのBtoCビジネスを行う企業向けに短期間で導入できるようにする。

 チームメンバーは、クラウドやモバイルに関する専門家を中心に構成されており、今後は順次体制を強化しつつ、多くのAlexa Skillをリリースしていく。

 また、外食、小売、医療、福祉、金融、メディア、ゲーム、旅行、ホテル、教育、生活、住宅、自動車など、さまざまなサービスに対応した音声対話のためのデザインテンプレートを用意するとともに、問い合わせやお知らせ、購入、予約、在庫やステータスの確認、アンケート、申し込みなど、音声対話インターフェースに関する設計や運用に関する手法を確立し、ITリテラシーに依存しないユニバーサルなユーザー体験の実現を目指す。

 サービス内容は以下の通り。

  • Amazon Alexa技術に関するコンサルティング
  • 音声対話インタフェースに関するユーザー体験設計
  • Amazon Echoデバイス向けAlexa Skill開発
  • デバイス向けAVS(Alexa Voice Service)開発
  • Amazon Lexを用いた汎用アプリケーション向けインタフェース開発
  • Alexa Skillと連携するクラウド側API開発
  • 公開済みSkillの運用保守

 対応言語はAlexaの提供地域に準じており、現状では英語のみ対応している。


【関連リンク】
クラスメソッド

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5