Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「Qt 5.9」がリリース、パフォーマンスと安定性の向上に主眼

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/06/01 15:30

 「Qt 5.9」における最大の改善点は、パフォーマンスと安定性の向上で、全体的なパフォーマンスの改善をはじめ、アプリケーションの起動時間やJavaScriptのパフォーマンス向上、メモリフットプリントの改善などを実現している。

 また、数多くのバグを修正するとともに、全体的な改修によって、今回リリースしたバージョン5.9以降のリリース作成を容易にした。

 なお、「Qt 5.9」は長期サポート(LTS)リリースとなっており、今後3年間はサポートが継続され、とりわけ最初の1年間は頻繁に更新が提供される。

 そのほか、Qt Coreへのqfloat16クラスおよびQOperatingSystemVersionクラスの追加、Qt NetworkにおけるHSTS(HTTP Strict Transport Security)のサポート、Qt NFCやQt Web Socketsの機能追加、Qt GUIへのCompute Shaderサポートの追加、Qt 3Dへの3Dエンジンの追加、QML機能のパフォーマンス改善、Qt Quickの起動高速化、Qt Locationへの新機能の追加など、さまざまな新機能の追加、および既存機能の改善が行われている。


【関連リンク】
Qt

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5