Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Sencha、「Ext JS 6.5」「Architect 4.2」「Cmd 6.5」を含むWebアプリケーション開発プラットフォームを発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/06/12 12:28

 米Senchaは、「Ext JS 6.5」「Architect 4.2」「Cmd 6.5」を含むWebアプリケーション開発プラットフォームを、6月8日に発売した。

 Ext JSは、モダンブラウザのHTML5機能を活用して、データ集約型・クロスプラットフォームのWebアプリケーションを構築するために必要な、すべてを提供する。

 今回発売された「Ext JS 6.5」は、新コンポーネントの採用と既存コンポーネントの改良によって、ダイアログや日付パネル、グリッドにおいて大幅なパフォーマンス改善を実現するとともに、新しいチャートやコンポーネント、D3のアップグレードやデータ分析機能の採用、バーチャル・ストアによる膨大なデータセットの管理およびスクロールの実現、フィールド検証や入力マスクボックスのラベル、新コンボボックスコンポーネントなどフォーム機能の強化といった、新機能が搭載されている。

 Architectは、視覚的なドラッグ&ドロップによって高パフォーマンスのために最適化されたアプリケーションのコードを自動生成するため、モダンなユニバーサルExt JSアプリケーションを迅速かつ容易に構築できる。

 今回発売された「Architect 4.2」は、グリッドやツリー、ピボットグリッドを利用して、視覚的にExt JSアプリケーションを構築可能なプラグインを新たに搭載したほか、コードビューエディタへのECMAScript 2015(ES6)のサポートや、「Ext JS 6.5」の新テーマ変数の利用や「Themer 1.2」で作成したテーマの読み込みをサポートした。

 Cmdは、スキャフォールディング、コードの縮小、プロダクションビルドの生成など、プロジェクトのライフサイクル管理機能を提供する。

 今回発売された「Cmd 6.5」は、動的パッケージ読み込みの採用によって、大規模アプリケーション向けのスムーズなローディングを可能にしたほか、Webアプリケーションへのオフラインアクセスと低品質ネットワーク上でのアプリケーション可用性を実現するプログレッシブウェブアプリの配信、ECMAScript 2015(ES6)のサポートが追加されている。


【関連リンク】
Sencha(英語)
「Ext JS」(英語)
「Architect」(英語)
「Cmd」(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5