Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「CEDEC 2017」受講受付を7月1日より開始、セッションの「タイムシフト配信」も実施

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/06/19 17:55

 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC 2017」を、8月30日~9月1日にパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催する。受講申込の受付開始は7月1日。

 「CEDEC 2017」のテーマは「Breakthrough to Excellence!」で、進化や変化が常に必要とされる時代でも、CEDECが変わらず伝えたいメッセージである“チャレンジ精神”<新しいことに挑戦しようとする気概を持つ>というキーワードを表現している。

 6月19日には、セッション情報の第1弾として、一般から公募してCEDEC運営委員会が採択した、レギュラーセッション38件、ショートセッション8件、ラウンドテーブル2件など、計50件を公開した。総セッション数は基調講演、招待セッション、海外セッション、スポンサーセッションなど合わせて200超を予定している。

 なお、今回の「CEDEC 2017」より、はじめての試みとしてすべてのセッションを期間限定でインターネット聴講できる「タイムシフト配信」を実施する。カンファレンスの規模が拡大していく中で、混雑や時間の重複によって希望のセッションを受講できない問題を解消するとともに、遠方の在住や業務の都合によって参加の難しいユーザーでも、セッションの聴講が可能になる。

 「タイムシフト配信」の導入にともない、受講パスはこれまでの「レギュラーパス」「デイリーパス」「エキスポ&スポンサーパス」、および学生専用の「エキスポパス」に、新たに「タイムシフトパス」が加わった。「タイムシフト配信」は「レギュラーパス」および「タイムシフトパス」購入者のみ利用できる。また、「タイムシフトパス」は「タイムシフト配信」聴講専用のパスで、会場におけるセッション受講には使えない。


【関連リンク】
コンピュータエンターテインメント協会
「CEDEC 2017」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5