Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

UWPアプリ開発のためのツールキット「UWP Community Toolkit 1.5」がリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/07/06 17:30

 米Microsoftは、ユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)アプリ開発のためのヘルパー関数、カスタムコントロール、アプリサービスを含むツールキット「UWP Community Toolkit 1.5」を、7月5日にリリースした。

 「UWP Community Toolkit 1.5」では、既存のコントロールおよびサービスにおける、機能性と安定性を大きく向上したほか、新機能として「Menu」「OrbitView」「RadialProgressBar」「RoundImageEx」「ExpressionBuilder」「BluetoothLEHelper」が追加されている。

 「Menu」は、コミュニティからの要望を受けて追加された、従来からのデスクトップアプリケーションをUWPに適合させるためのクラシックコントロール。階層型メニューと、あらゆる入力方法に対応し、画面サイズに応じた自然な展開が可能なサブメニューが利用できる。

 「OrbitView」は、中央に置かれたエレメントの周囲にエレメントを配置し、自由にサイズや距離を変更可能なアイテムコントロール。

 「RadialProgressBar」は、円形の領域を時計回りに使用して値を表示するXMLコントロールで、プログレスバーとして使える。

 「RoundImageEx」は、従来のImageExと似たコントロールで、ローディングインジケータを表示しながらイメージのキャッシュを非同期でローカルにダウンロードできる。また、イメージの円形での切り抜きにも対応する。

 「ExpressionBuilder」は、型安全な方法でExpressionAnimationが作れる。

 「BluetoothLEHelper」は、周辺のBluetooth LE機器の検出、接続、やり取りを可能にするクラス。

 なお、Windows 10 Creators Update(build 10.0.15063)では、いくつかの新たなAPIが利用できるようになっているため、UWP Community Toolkitを使って開発したアプリは、最新の「UWP Community Toolkit 1.5」によるアップデートが求められる。


【関連リンク】
日本マイクロソフト
「UWP Community Toolkit」(英語、GitHub)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5