Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

グレープシティ、Xamarin対応UIコンポーネントセット「ComponentOne Studio 2017J v2」を発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/07/26 15:00

 グレープシティは、業務アプリケーション開発に役立つコンポーネントを多数収録したスイート製品で、Xamarinで利用可能なUIコンポーネントを追加した「ComponentOne Studio 2017J v2」を、7月26日に発売した。

 「ComponentOne Studio 2017J v2」には、Xamarinに対応したUIコントロールのコレクションが収録されており、Android、iOS、Windows 10(UWP)とコードを共通化しつつ、各OSにおけるネイティブユーザーインターフェースを実現する。

 各コントロール(UI部品)は、Xamarinを通じて各OSのAPIにマッピングされ、ユーザーインターフェースの開発にC#やXAMLが利用可能となるため、C#が使える開発者ならVisual Studioでモバイルアプリを開発できる。

 収録コンポーネントは、幅広いチャートタイプでデータの可視化を可能にするFlexChart/FlexPie、直線型ゲージ/円形ゲージ/ブレットグラフを含むGauge、Excelのような表形式でデータを表示できるFlexGrid、コンポーネントで表示するデータを供給するデータ接続コンポーネントCollectionView、データの入力を容易にする入力支援コンポーネントInput、カレンダーからの日付入力を可能にするCalendar。

 Visual Studioを用いた画面設計ではプレビュー表示に対応しており、Xamarin.Formsの場合はXAMLで記述された画面情報を直接編集し、Xamarin.Forms PreviewerはXAMLの編集内容を即時に反映して表示する。また、Xamarin向けの各コンポーネントも、ボタンやラベルといった標準コントロールと同様にプレビュー表示できる。

 税込のサブスクリプション契約料金は、1ユーザーライセンスあたり162000円で、1年単位の更新費用は64800円(初回費用の40%)。

 このほか、プラットフォームを限定した「ComponentOne Studio for Xamarin」も用意する。税込のサブスクリプション契約料金は、1ユーザーライセンスあたり108000円で、1年単位の更新費用は43200円。


【関連リンク】
グレープシティ
「ComponentOne Studio」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5