Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Windows Subsystem for Linuxが正式版へ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/07/31 19:00

 米Microsoftは、今秋にリリースするWindows 10 Fall Creators Update(FCU)を間近に控え、これまでベータ版だったWindows Subsystem for Linux(WSL)を、正式版へ移行した。なお、Windows Insiderプログラムでは、ビルド番号16251よりWSLが正式版となっている。

 これまで、WSLはベータ版だったため、WSLを有効にするにはWindows 10の「開発者モード」を有効にする必要があった。しかし、正式版となったことで、FCU以降はWSLがWindows 10の正式な機能となり、「開発者モード」を有効にしなくても利用可能になる。

 Microsoftは、WSLをWindows上で動作する、開発や基本的なシステム管理のためのコマンドラインツールと位置づけており、LinuxからのWindowsファイルシステム上にあるファイルへのアクセスや、LinuxからのWindowsプロセスの起動、およびWindowsコマンドラインからのLinuxプロセスの起動に対応している。

 一方で、Apacheやnginx、MySQL、MongoDBなどの実行環境としては適しておらず、WindowsからLinuxファイルにはアクセスできない(この問題については、Microsoftが現在対応中)。また、X WindowsやGUIアプリケーションの実行、デスクトップ/サーバ環境としての利用は、現時点では考慮されてない。

 現在、WSL上で利用可能なLinuxディストリビューションとしては、WSLのリリース当初からサポートしていたUbuntuに加えて、FedoraとOpenSUSEがストアで配布されている。今後、WSLのインフラストラクチャとツールのサポートはMicrosoftが、ディストリビューション内部のサポートはディストリビューションの配布元が、それぞれ提供していく。


【関連リンク】
日本マイクロソフト
Windows 10 Fall Creators Updateで追加される機能

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5