19名の日本IBMエバンジェリスト+αによる話題の技術セミナー 2
森 英信 [著] 2008/05/28 14:00
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 2 3 →

最新の技術や動向を知ることができる週末夜のセミナー「渋谷テクニカルナイト」。今回は、「XML DBがもたらす新しいイノベーション」と題した講演を行った同社のエバンジェリスト 中林紀彦氏に、XMLデータを扱えるデータベース『DB2 9』の魅力などについてお話をうかがいました。

 日本IBMが開催する「渋谷テクニカルナイト」は、同社が取り組む最新技術の動向を週替わりで紹介する技術者向けのセミナー。新製品や製品化前の技術、そして今後の技術トレンドを解説するとあって、社外のデベロッパーの参加も多いと言います。今回は、「XML DBがもたらす新しいイノベーション」と題した講演を行った同社のエバンジェリスト 中林紀彦氏に、XMLデータを扱えるデータベース『DB2 9』の魅力などについてお話をうかがいました。

中林紀彦 氏
中林紀彦 氏

--現在のお仕事とこれまでのキャリアについてお聞かせください。

 中林氏: 所属はソフトウエア事業で、エバンジェリストとして製品のテクノロジーを広めるのが一番の仕事です。XMLデータベースと、今年製品化を計画しているマッシュアップ関連の製品を担当しています。弊社の製品の良さを皆さまに知っていただくことと共に、技術者育成に注力しています。

 このため、技術者に情報を提供したり、セミナーなどで実際に製品を体感いただく場を作ったりしています。他には、IBMが関わっている「XMLコンソーシアム」の「XML DB部会」や「WEB2.0部会」などにも参加しています。最近では、気象庁さんの発表するデータのXMLでの標準化の取り組みにも参加しました。

 私自身は、大学時代、計算化学の分野で計算機を使った分子構造のコンピュータシミュレーションなどを研究していました。ちょうどインターネットが普及しつつある時期で、自分たちで研究室のインターネット系のインフラ構築なども行っていました。当時大学のネットワーク環境がリッチでしたので、グローバルIPアドレスを持っていて、それを自分のPCに割り当てるといった、今では考えられないようなこともしていました。

 こうしてインターネットに触れるうち、世の中のパラダイムを変えるポテンシャルを持ったIT業界で活躍したいと思い、弊社で言うエンドユーザーの企業に入りました。その会社では、ITの企画をしていました。その後、自身の技術をもっと高めたいという思いから、6年前に中途入社でIBMに入りました。それからはずっとデータベース製品の技術担当として、お客様のデータベースの技術的な支援をさせていただいています。

 XMLデータベースの担当をするきっかけとなったのは、2年ほど前にリリースした『DB2 9』です。この製品の一番のセールスポイントは、実績のあるリレーショナル構造に加えて、ネイティブのXML構造のデータを扱えることです。XMLを扱うアーキテクチャは、5年以上前から研究所のほうで一から開発していたもので、実際かなりいい出来になっていると思いますし、おかげさまでお客様からいい評価をいただいています。

--XMLを扱えるようになったという「DB2 9」にはどんな特徴がありますか?

 中林氏: 「DB2 9」は、簡単にいうとXMLをストアできるデータベースです。しかし、これまでは、それを実現するのはなかなか難しかったという背景があります。2003年頃、一時的にXMLデータベース製品が盛り上がった時期があるのですが、当時は、ファイルベースでXMLを扱うものが多く、パフォーマンスやスケーラービリティ、運用面などに問題があり、普及には至りませんでした。例えば、一つのXMLを更新する際、ほかのデータをSELECTできなかったり、オンラインでのバックアップができなかったりといった問題です。

 「DB2 9」は、トランザクションやメンテナンスの面では、これまでのRDB(リレーショナルデータベース)のノウハウを活用し、XMLのパフォーマンス面では、XMLのノードのツリー構造を格納するストレージエンジンといった新しいアーキテクチャを構築し、諸問題を乗り越えました。


1 2 3
→
INDEX
XML形式も高速に扱える「DB2 9」で実現する、新しいサービスの形とは?
Page1
こちらの関連記事もおすすめです

プロフィール
森 英信 モリ ヒデノブ

出版物やWeb・モバイルコンテンツの企画制作事業を手がける、株式会社エフエックスビイ代表。最近企画した書籍に『FFmpegで作る動画共有サイト』(毎日コミュニケーションズ)、『Flashでデザイン差がつくBlogサイトの作り方 2nd Edition』(アスキーメディアワークス)などがある。


記事へのコメント・トラックバック機能は2011年6月に廃止させていただきました。記事に対する反響はTwitterやFacebook、ソーシャルブックマークサービスのコメントなどでぜひお寄せください。