Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Googleマップの「Street View」機能、日本でも利用可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/08/05 12:13

5日、「Googleマップ」上でドライバー視点の風景を画像表示する「Street View」機能が、日本でも利用可能になった。

 5日、Googleが提供する地図検索サービス「Googleマップ」上で、ドライバー視点から見た風景を画像表示する「Street View」機能が、日本でも利用可能になった。アメリカ、フランス(ツール・ド・フランスのルート)に続き、オーストラリアと共に世界で3番目の提供開始となる。

 「StreetView」は、車載カメラで撮影されたドライバー視点の画像をGoogleマップ上で表示するサービス。Googleマップの画面上に、「地図」「航空写真」などに並び新たに「ストリートビュー」ボタンが追加されている。

ストリートビューボタンを押すと、利用可能な道路が青色で表示される
ストリートビューボタンを押すと、利用可能な道路が青色で表示される

 編集部で確認したところ、現在、札幌と函館、仙台、東京を中心とした関東一円、大阪や京都、奈良を中心とした関西地方にて利用可能となっている。

 画像の向きや角度は、マウスコントロールである程度自由に変えることができる。また、画面上の矢印をクリックすることで、その方向に移動することができる。

ストリートビューモード、東京タワーの駐車場に向かう道まで表示することができた。都内であれば、かなり細かい道まで網羅している
ストリートビューモード、東京タワーの駐車場に向かう道まで表示することができた。都内であれば、かなり細かい道まで網羅している

 
【関連リンク】
Googleマップ
Google Street View Australia is Live (Japan, Too):Google Blogoscoped

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5