Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Selenium AES入門

Selenium AESの概要、インストール、サンプルの実行

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/10/22 14:00

 Selenium Auto Exec Server(Selenium AES)は、Seleniumによる継続的なリグレッションテストを行うことを目的としたツールです。本記事では、Selenium AESの入門として、Selenium AESで提供する機能の概要から、インストール、サンプルの実行までを説明していきます。

目次

はじめに

 Selenium Auto Exec Server(以降、Selenium AES)は、Seleniumによる継続的なリグレッションテストを行うことを目的としたツールです。

 本記事では、Selenium AESの入門として、Selenium AESで提供する機能の概要からインストール、サンプルの実行までを説明していきます。

対象読者

 Webアプリケーションの開発者を対象としています。

Selenium とは

 Seleniumは、Webアプリケーションのテストを自動化するためのツールです。テストは実際にWebブラウザを使って実行されます。

 Seleniumの利用方法は、下記の記事を参考にしてください。

Selenium AESが提供する機能

 Selenium AESは、Selenium RCという、Seleniumをリモート実行するためのプロダクトを拡張し、SeleniumのHTML形式のテストケースを定期的に実行するための、さまざまな機能を提供しています。

テストの定期実行

 毎日決められた時刻にテストを自動実行できます。

テスト結果メール送信

 テスト結果をメールとして送信(SMTP)することができます。

 テスト結果のHTMLをZIPファイルとして添付するので、テスト用のマシンにログインする必要もなく、テスト結果の詳細が確認できます。

テストケースのSubversionからの取得

 テスト開始時に、テストケースをSubversionのリポジトリから取得した上で、テストを実行することができます。

 これにより、いちいちテスト用のマシンにテストケースを手作業で配置する手間がなくなります。

Webブラウザ上からのテスト状況確認およびテストの実行

 Selenium AES のテスト状況確認およびテストの実行を、Webブラウザ上から行えるよう、Webインタフェースが提供されています。

 これにより、ローカルPCからSelenium AESを操作することが可能になります。

指定ディレクトリ内のテストスイートの一括実行

 指定ディレクトリ内の特定のファイルパターン(ファイル名に「suite」または「Suite」が含まれる)に一致するテストスイートをまとめて実行することができます。

テストスイートの自動作成

 いちいちテストスイートを作成しておく必要はありません。

 テストケースを特定のファイルパターン(ファイル名に「case」または「Case」が含まれる)で作成しておくことにより、それらテストケースを実行するためのテストスイートを自動生成し、実行できます。

複数ブラウザ実行

 同じテストケースを複数のブラウザで実行するよう指定できます。

テスト実行APIの提供

 HTTPでテストの実行を指示するためのAPIがあるので、他のCIサーバと連携して、アプリケーションのビルド時にテストを実行するといったことも可能です。

Selenium AESの動作条件

 Javaの実行環境(JRE1.5以上)が必要です。

 OSはSelenium RCと同様に、Windows、Unix/Linux、Mac OS Xで動作します(今回の記事は、Windows XPで動作確認)。

Selenium AESを体験

 では、実際にSelenium AESを体験してみましょう。

 Selenium AESには、サンプルで「http://www.google.com/」に対するテストケースが含まれているので、すぐに試してみることができます。

ダウンロード

 Selenium AESは、下記の公式サイトからダウンロードします。執筆時点の最新バージョンは0.2です。

 ダウンロードファイル(selenium-autoexec-server-0.2.zip)は、ZIP形式で圧縮されているので、ダウンロードして適当なディレクトリに解凍します。

 解凍してできたディレクトリは、下記のような構成になっています。

ファイル/ディレクトリ名 内容
contents Selenium AESで使用する静的なWebコンテンツが配置されたディレクトリ
lib Selenium AESで利用する外部jarファイルが配置されたディレクトリ
result Seleniumの実行結果が配置されるディレクトリ
suite テストケース、テストスイートが配置されるディレクトリ
LICENSE.txt ライセンスファイル
selenium-autoexec-server-0.2.jar Selenium AESのjarファイル
selenium-autoexec-server-sources-0.2.jar Selenium AESのソースコード
setting.properties 設定ファイル
startup.bat 起動バッチ(Windowsで利用)
startup.sh 起動シェル(Windows以外で利用)
shutdown.bat 停止バッチ(Windowsで利用)
shutdown.sh 停止シェル(Windows以外で利用)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • onozaty(オノザティ)

    (株)ユニスティ所属。主にWEBアプリケーション開発に携わるエンジニア。 個人としては、suggest.js、glayer.jsなどのJavaScriptライブラリや、del.icio.us IncSearch、ShortcutKey2URL などといったFirefoxアドオン、Selenium...

バックナンバー

連載:Selenium AESチュートリアル
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5