Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

MySQLのマーチン・ミコス氏がSunを退社へ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/02/09 18:53

 米Sun Microsystemsに買収されるまでスウェーデンMySQL社でCEOを務め、買収後はSunでデータベースグループ担当シニアバイスプレジデントを務めるマーチン・ミコス(Mårten Mickos)氏が、Sunを離れることが、6日(現地時間)明らかになった。

 米Sun Microsystemsに買収されるまでスウェーデンMySQL社でCEOを務め、買収後はSunでデータベースグループ担当シニアバイスプレジデントを務めるマーチン・ミコス(Mårten Mickos)氏が、Sunを離れることが、6日(現地時間)明らかになった。複数の米メディアが報じているほか、MySQL社コミュニティ担当バイスプレジデントのカジ・アーノ(Kaj Arnö)氏も自身のブログで明らかにしている。

 Sunの組織再編により、ミコス氏が担当していたグループは「MySQLおよびソフトウェアインフラストラクチャ」グループとして、GlashFishなどエンタープライズJavaプラットフォームを担当していたカレン・テガン・パダー(Karen Tegan Padir)バイスプレジデントが率いる。Sunのウェブサイトのバイオグラフィでは、マーチン氏は役職無しで記されている。

 Sunからは、MySQLの共同創業者でバージョン5.1のリリースに疑問を持っていたとされるマイケル・“モンティ”・ウィデニウス(Michael "Monty" Widenius)氏が退社したばかり。アーノ氏は今回のミコス氏の退社とは無関係だとしているが、長らくMySQLの中枢で経営にかかわってきたミコス氏や、オリジナル開発者であるモンティ氏が退くことは、MySQLがSunの主力プロダクトに移行していることを示す一方で、旧来のコミュニティとの関係の悪化を心配する向きもある。

 
【関連リンク】
MySQL :: Observations by Kaj Arnö @Sun
Executive Bio

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5