Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Safari 4のパブリックベータをアップルが発表
新しいNitroエンジンでJavaScriptが4倍以上高速

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/02/25 12:32

 アップルは24日、ウェブブラウザ「Safari(サファリ)」の新しいパブリックベータ版を公開した。AppleのSafari公式ページで、Mac OS XとWindows用それぞれ英語版が提供されている。

 アップルは24日、ウェブブラウザ「Safari(サファリ)」の新しいパブリックベータ版を公開した。AppleのSafari公式ページで、Mac OS XとWindows用それぞれ英語版が提供されている。

 この「Safari 4 BETA」には、新しくJavaScriptエンジン「Nitro」が組み込まれ、SunSpider JavaScript Performanceテストの実行結果が、Safari 3に比べて4.2倍速くなり、対IE 7では最大30倍高速だと公表している。またウェブページの読み込みでも、IE 7やFirefox 3より3倍のスピードを示す。

 Safari 4では、メニューバーを廃したシンプルなインターフェイスに一新されている。タブバーがアドレスバーの上に表示され、新規ページには頻繁に訪問するサイトのサムネイルが表示されるといった、Google Chromeのようなルック&フィールが採用されているが、全体としてより洗練されたAppleらしいデザインになっている。

 ウェブ標準については、Web Standards ProjectのAcid3テストに合格するほか、オフライン機能などHTML 5やCSS 3を先進的に取り入れている。また、反射やグラデーション、マスクといったグラフィック表現を実現する実験的なCSSをサポートしている。

ウェブ標準のAcid3テストをクリア
ウェブ標準のAcid3テストをクリア

 そのほか次の機能が追加されている。

  • Top Sites
  •  頻繁に訪れるページを美しくプレビュー表示する

  • Full History Search
  •  最近見たページのタイトル、URL、さらにテキスト全体を検索できる。

  • Cover Flow
  •  履歴やブックマークを“めくる”ように簡単に閲覧できる

  • Tabs on Top
  •  ドラッグ・アンド・ドロップによる簡単なタブ管理ツール

  • Smart Address Field
  •  Top Sitesやブックマーク、履歴からURL候補をサジェスチョンする

  • Smart Search Field
  •  Google Suggestが提案する候補や最近の検索結果をもとに検索を微調整する

  • Full Page Zoom
  •  ウェブサイトのレイアウトやテキストの品質を落とさないズーム

 なお、これまでWindows用Safariでは、フォントレンダリングを独自に行ってきたが、今回からWindows標準のものを使用するようになった。また、タイトルバーやボーダー、ツールバーにおいてもWindowsのネイティブルックを使用し、他のWindowsアプリケーションとの違和感がほとんどなくなっている。

Windows版のSafari 4 パブリックベータ
Windows版のSafari 4 パブリックベータ

 
【関連リンク】
リリース:アップル、Safari 4を発表 - 世界最速、最も革新的なブラウザ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5