Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

PHPカンファレンス2009、「テックデイ」開催される

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/09/07 18:15

 日本PHPユーザ会の主催による「PHPカンファレンス2009」の「テックデイ」が5日、東京蒲田の大田区産業プラザPiOで開催された。

10回目となる今年は「新しいPHPカンファレンス」をテーマに、前日に「ビジネスデイ」を設け、2日間にわたって行われた。テックデイでは、Facebookの技術者であるBrian Shire氏など海外からも3人のスピーカーが招かれた。

会場の様子
会場の様子

 今年のPHPカンファレンスでは、開発者のFabien Potencier氏自身によるSymfonyフレームワークの紹介や、台湾PHPユーザグループの江明宗(Finjon Kiang)氏による「台湾PHPコミュニティの日々」、現役高校生によるWebサービスのプレゼンまで、2トラックで計19の多彩なセッションが行われた。

Fabien Potencier氏セッション「プロフェッショナルなウェブサイトのためのフレームワーク」
Fabien Potencier氏セッション「プロフェッショナルなウェブサイトのためのフレームワーク」

 米Facebook社の開発メンバー・Brian Shire氏による「APCによるハイパフォーマンスの実現」と題したセッションでは、Facebookでも利用されているAPC(Alternative PHP Cache)の実用的なコンフィグレーションのポイントが解説された。

 APCはPHPの実行コードをキャッシュする仕組みだが、より効果的に使いたい初心者がまず注意する点として、ファイル更新をチェックするstat()をコールしない設定や、ロックのメカニズムの見直しなどが推奨された。ちなみにFacebookではSpinロックが使用されているほか、必要なファイルを実行時に読み込む「Lazy Loading」が重要な役割を果たしているという。また、このセッションで使われたスタイリッシュなスライドは、Brian Shire氏のWebサイトにて公開されている。

Brian Shire氏
Brian Shire氏
Brian Shire氏セッション「APCによるハイパフォーマンスの実現」
Brian Shire氏セッション「APCによるハイパフォーマンスの実現」

 参加登録者も660人を超え、セカンドトラックで使用するホールが大きくなるなど、多くの参加者でにぎわった。PHPユーザ会の鈴木則夫実行委員長(トライコーン株式会社)は、「初の2日間開催で準備が大変な面もあったが、参加者の皆さんに楽しんでもらえたようで本当に良かった」と語った。

 
【関連リンク】
PHP カンファレンス 2009
OSCON '09 Slides - tekrat(Brian Shire氏 Webサイト)
Prezi - PHP Conference Japan 2009(Brian Shire氏セッション「APCによるハイパフォーマンスの実現」スライド)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5