Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

JaxerによるサーバーサイドJavaScript

Jaxerのインストールと簡単な使い方を紹介

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/09/30 14:00

 「サーバーサイドJavaScript」というものを、ご存じでしょうか。今や、JavaScriptを使ってサーバープログラムを作成できる時代なのです。ここでは「Jaxer」というサーバープログラムを用いて、サーバーサイドJavaScriptの利用について解説を行います。

目次

はじめに

 既に「Ajax」という言葉が陳腐に感じてしまうほど、JavaScriptはWeb開発者の間に広く浸透しています。今では、クライアント側でのUI構築にJavaScriptは不可欠となっている、といってよいでしょう。クールなサイトを目指してJavaScriptを必死に勉強する人はずいぶんと多いはずです。

 が、ある程度まで学習が進むと、多くのJavaScriptプログラマは「壁」にぶつかってしまいます。それは「サーバーサイドプログラム」という壁です。Ajaxによるサーバーへの非同期通信が当たり前のように使われるようになった今、JavaScriptプログラミングといえども「サーバー側に用意されるプログラム」の作成なしには行えなくなりつつあります。

 サーバーサイドのプログラム作成はどうすべきなのか。PHPを勉強するのか、Perlあたりがいいのか、はたまたRubyかPythonか。いずれにせよ、何か新しい言語を覚えなければならない――そう悩んでいるJavaScriptプログラマの方へ、ちょっと考えてみましょう。なぜ、JavaScriptでは駄目なんですか?

 「サーバーサイドJavaScript」というものを、ご存じでしょうか。今や、JavaScriptを使ってサーバープログラムを作成できる時代なのです。ここでは「Jaxer」というサーバープログラムを用いて、サーバーサイドJavaScriptの利用について解説を行います。

対象読者

  • JavaScript以外の言語はあまり分からない、というJavaScriptプログラマ。
  • クライアント=サーバー間の処理をより滑らかに融合させることを夢見るWeb技術者。
  • サーバ側の開発言語の選定に頭を悩ませている人。

Jaxerを手に入れよう!

 Jaxerは、Ajax開発環境で知られる「Aptana Studio」の開発元Aptana Inc.によって開発されている、オープンソースのサーバープログラムです。これは通称「Ajaxサーバー」とも呼ばれています。Jaxerの特徴を端的にとらえた言い方でしょう。Jaxerは現在、jaxer.orgのWebサイトにて公開されています。

図1 Jaxerのサイト。右側にある「Download Jaxer」のリンクからダウンロードページに移動する。
図1 Jaxerのサイト。右側にある「Download Jaxer」のリンクからダウンロードページに移動する。

 ここから、右側に見える「Download Jaxer」という表記部分をクリックすると、ダウンロードページに移動します。ここで、各プラットフォーム向けのJaxerがダウンロードできます。本稿執筆時点で1.0.3.4547というバージョンがstable版として配布されており、これをベースにして解説を行います。

図2 Jaxerのダウンロードページ。ここから、使用しているOS向けのJaxerをダウンロードする。
図2 Jaxerのダウンロードページ。ここから、使用しているOS向けのJaxerをダウンロードする。

 配布されているプログラムは、Apache HTTP Server同梱版と、付属しないものとがあります。「Apache HTTP Server」というのは、もっとも広く使われているオープンソースのWebサーバープログラムです。WebサイトというのはWebサーバーにファイルをアップロードして公開しますが、このサーバー部分として広く活用されています。Jaxerも、Webサーバーの部分にApacheを利用しています。

 初めてインストールする場合には、「Download the Jaxer Package with self-contained Apache」と書かれているリンクからダウンロードをしてください。Apacheが内蔵されていないものは、アップデート版です。既に旧バージョンのJaxerを使っている人向けのものと考えましょう。

Jaxerのインストールと構成

 Jaxerは、圧縮ファイルの形で配布されています。インストールは非常に簡単です。ただ圧縮ファイルを展開し、保存されたフォルダをハードディスクの適当なところに配置しておくだけです。

 保存されたJaxerのフォルダ内には、以下のようなファイル・フォルダ類が用意されています。ざっとその内容を頭に入れておきましょう。

Jaxerフォルダの中身
ファイル/フォルダ 説明
Apache22 Apache HTTP Serverが入っています。先に述べたように、JaxerはWebサーバー部分にApache HTTP Serverを採用しています。
jaxer Jaxerのメインプログラム部分です。
local_jaxer Jaxerがローカルボリュームに用意するファイル類がまとめられています。標準で組み込まれるJaxerのサンプルや設定ファイルなどが保管されています。
logs 実行時のログ情報がここに出力されます。
public これがJaxserの公開ディレクトリです。Jaxerサーバーで公開するファイル類はこの中に用意します。
tmp テンポラリ(一時)ファイルの保管場所です。
ConfigureFirewall.exe Windowsファイアウォールの設定を書き換えるアプリケーションです。Jaxserサーバーのプログラムとポートの利用を許可するように設定を書き換えます。
StartServers.bat Jaxerサーバーを起動するためのバッチファイルです。
LICENSE.TXT ライセンスに関する説明書類です。
README.TXT プログラムに関する簡単な説明書類です。WindowsとMac OS Xでの利用に関する簡単な注意書きがあります。

 では、実際にJaxerサーバーを起動してみましょう。フォルダにある「StartServers.bat」をダブルクリックして起動してください。画面にコマンドプロンプトのウインドウが現れ、Jaxerサーバーが起動します。終了するには、コマンドプロンプトで何かのキーを押すだけです。

図3 StartServers.batを起動すると、このようなウインドウが現れ、サーバーが起動する。何かキーを押してウインドウを閉じれば終了する。
図3 StartServers.batを起動すると、このようなウインドウが現れ、サーバーが起動する。ウインドウを閉じれば終了する。

 サーバーが起動したら、「http://localhost:8081/」にアクセスをしてください。Jaxerは、標準で8081ポートを使用しています。アクセスすると、自動的にhttp://localhost:8081/aptana/にリダイレクトされ、あらかじめ用意されたJaxerのサイトが表示されます。サイトが問題なく表示されれば、サーバーは正しく動いています。

図4 http://localhost:8081/にアクセスするとこのような画面が現れる。
図4 http://localhost:8081/にアクセスするとこのような画面が現れる。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2009/10/02 10:37 「スクリプトを実行する」のコードのtypoを修正しました。

著者プロフィール

  • 掌田 津耶乃(ショウダ ツヤノ)

    三文ライター&三流プログラマ。主にビギナーに向けたプログラミング関連の執筆活動をする傍ら、ログハウスの普及活動にいそしんでいる。(掌田津耶乃のWebサイトはこちら) ※現在、入門ドキュメントサイト「libro」、カード型学習サイト「CARD.tuyano.com」を公開中。またGoogle+プロフ...

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5