CodeZine編集部 [著] 2009/09/16 12:28
このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは15日、日本でもAndroidマーケットを通じて有料アプリケーションを一部販売するとアナウンスした。ただし現時点では、購入できるのは国外のユーザーに限られており、日本国内の一般のAndroidユーザーに対してはまだ環境が整っていないため、自国での購入が不可能となっている。

 Googleは15日、日本でもAndroidマーケットを通じて有料アプリケーションを一部販売できるようになったとアナウンスした。ただし現時点では、有料アプリケーションを購入できるのは国外のユーザーに限られており、日本国内の一般のAndroidユーザーに対してはまだ環境が整っていないため、自国での購入が不可能となっている。

 有料アプリケーションを販売したいAndroidデベロッパーは、投稿者サイトから「Checkout販売アカウント」に申し込む必要がある。日本から販売されるアプリケーションの価格設定は日本円で、国外のユーザーに日本円で表示される。ユーザーへの実際の請求は現地通貨で行われ、売り上げごとに収益の70%がデベロッパーに対し日本円で支払われる。

 Googleヘルプの「アプリケーションの配布がサポートされている場所」および「商用アカウントがサポートされている国や地域」によると、有料アプリケーションは日本を含めた10か国で販売できるが、自国で購入できないのは日本だけとなっており、Googleでは「ご利用いただけるよう改善に努めています」としている。

 また、Androidマーケットでグローバルな決済に利用されている「Google Checkout」が、日本のAndroidデベロッパーでも利用可能となった。しかし、日本でGoogle Checkoutを利用した商品を販売できるデベロッパーは、Androidマーケットを経由した場合に限られ、Android以外のサービスについては日本ではサポートされていないため、注意が必要だ。

 
【関連リンク】
Google Japan Blog: Android有料アプリケーションサービス デベロッパー向けサイト開始のお知らせ


最新ニュース