Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「2009年度日本OSS貢献者賞」受賞者発表
新たに日本OSS奨励賞も新設

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/10/23 16:55

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は23日、オープンソースソフトウェアの開発および普及に貢献した個人などを表彰する「2009年度日本OSS貢献者賞」の受賞者を発表した。

29日に開催される「IPA Forum 2009」のオープンソフトウェア・セッションで授賞式が行われる。

 日本OSS貢献者賞は、日本におけるOSS開発の振興を図ることを目的に2005年度に創設され、今年度が第5回目となる。これまでに、Rubyのまつもとゆきひろ氏やSeasarプロジェクトのひがやすを氏、YARVのささだこういち氏、GRUBの奥地秀則氏らが受賞している。今回から過去1年間に顕著や活躍をした個人ないしグループを表彰する「2009年度日本OSS奨励賞」が新設され、併せて受賞者が発表された。

 今年度の日本OSS貢献者賞受賞者は、Linuxカーネル開発者の小崎資広氏、フェルナンド・ルイス・バスケス・カオ氏、Mozilla Japan代表 瀧田佐登子氏、PostgreSQL日本語ドキュメント整備などで知られる本田茂弘氏の4名。

 奨励賞受賞者は、個人では「NetCommons」開発者の新井紀子氏、「CakePHP」のコミュニティ活動に貢献した安藤祐介氏、ActionScript/Flashアプリケーション開発者 新藤愛大氏、PHPマニュアルなどの日本語翻訳で知られる髙木正弘氏、「ZABBIX-JP」代表 寺島広大氏、プログラミング言語「Cyan」の開発者で現役高校生の林拓人氏の6名。団体では山形県立寒河江工業高等学校・情報技術科、および北海道の社団法人LOCALの2団体が選出された。

 各賞の詳細は公式サイトを参照のこと。

 
【関連リンク】
プレス発表:情報処理推進機構

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5