Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Adobe、「Adobe AIR 2」ベータ版および
「Flash Player 10.1」プレリリース版を公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/11/18 20:30

 米Adobeは17日、「Adobe AIR 2」のベータ版、および「Adobe Flash Player 10.1」プレリリース版をリリースした。Adobe Labsから、Windows、Mac OS、Linuxの各プラットフォーム向けSDKやランタイム、プラグインが無償でダウンロードできる。

 米Adobeは17日、「Adobe AIR 2」のベータ版、および「Adobe Flash Player 10.1」プレリリース版をリリースした。Adobe Labsから、Windows、Mac OS、Linuxの各プラットフォーム向けSDKやランタイム、プラグインが無償でダウンロードできる。

 Adobe AIR 2は、アドビが提供するデスクトップリッチインターネットアプリケーションの開発・実行環境。今回のバージョンでは、マスストレージ機器やネイティブのアプリケーションプロセス、ピアツーピアおよびUDPネットワーキングに対するサポートが強化されている。

 ブラウザ用ランタイムのFlash Player 10.1では、Adobe Flash Access 2.0によるコンテンツ保護を組み合わせたストリーミング配信や、モバイル機器でのハードウェアH.264ビデオエンコーディング機能の活用などが導入されている。また、日本語入力においてwmodeを透明(transparent)あるいは不透明(opaque)に設定した際に発生する、Firefoxでロードしたswf上のテキストフィールドで日本語が入力できなくなる不具合や、インライン入力のサポートも改善される。

 また、タッチスクリーンを搭載した機器では、新たにマルチタッチポイントやジェスチャーをサポートした。Flash Player 10.1は今後、x86ベースのネットブックや、2010年にはスマートフォンをはじめとするさまざまなインターネット接続機器向けにも提供される予定。

 
【関連リンク】
Adobe AIR 2の機能リスト
Adobe Flash Player 10.1の新機能・強化された機能

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5