Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

OSSのフレームワークを利用してExcelレポートを簡単作成

最新POIでOffice Open XML形式のExcelファイルを操作 第6回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/07/05 14:00

 前回まではPOIの提供するAPIを直接利用することでExcel形式での帳票の作り方を紹介してきましたが、直感的で分かりやすい反面、どうしてもコーディング量が多くなってしまう問題点があります。そこで今回はオープンソースのフレームワークを利用することで、より簡単にExcelを利用した帳票作りができる方法を紹介してみたいと思います。

目次

はじめに

 前回まではPOIの提供するAPIを直接利用することでExcelを操作し、応用編では帳票を作成する方法も紹介しました。これらのAPIを利用することは直感的で分かりやすいのですが、低レベルのAPIであるためどうしてもコーディング量が多くなってしまう面があります。

 そこで今回はオープンソースのフレームワークを利用することで、より簡単にExcelを利用した帳票作りができる方法を紹介してみたいと思います。

対象読者

  • JavaでExcelファイルを操作したい方

ExCella Reportsの準備

 オープンソースのフレームワークとして、「ExCella Reports」を利用します。対応している環境は下記になります。

対応環境
種類 名称
Java J2SE 5.0以上
Excel 2000(xls)~2007(xlsx)

 早速、ダウンロードページから入手してみましょう。ここではサンプルプログラムやソースも含まれている「excella-reports-all.zip」をダウンロードします。ダウンロードした「excella-reports-all.zip」を適当なディレクトリで解凍したら、「excella-reports-1.3.jar」と「lib」フォルダ配下のJarファイルがクラスパスに通るようにします。以上で簡単に環境構築が整いました。

ExCella Reportsの特徴

 ExCella Reportsの特徴を簡単に挙げておきます。なお、ExCella Reportsの仕組みや利用方法の詳細な情報はExCella Reportsリファレンスガイドから取得できます。

  • タグが記述されたExcelテンプレートから、ExcelやPDFの帳票を作成できます
  • ストリーム出力を利用して、作成した帳票をWebブラウザから開くことができます
  • ピボットテーブル、ピボットグラフを利用した分析帳票を作成できます

 それでは、 まずは動かしてみるのが一番なので「samples」フォルダ配下にある請求書を作成するサンプルプログラム「InvoiceReporter.java」を実行してみることにしましょう。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 土田 将人(ツチダ マサト)

    株式会社ビーブレイクシステムズにて業務システムのパッケージソフト(MA-EYES)の製品開発に従事。英語や会計等、システム開発以外のスキルを活かして官公庁やメーカ系のシステム開発で活躍中。少し前に、パッケージソフトMA-EYESの開発を通して「POI」を知り尽くし、勢い余って本稿の執筆に至る。

バックナンバー

連載:最新POIでOffice Open XML形式のExcelファイルを操作
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5