Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「サンシャイン牧場」のRekoo Japanに突撃!
成功体験あるスタッフと目指す、日本主導のサービスとは?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/06/30 14:00

 今もけっこう楽しいけれど、もっと自分が活躍できる場所や仕事があるかもしれない。そんなふうに考えているあなたに、編集部が「運命の会社」候補を紹介します。今回は大ヒットゲーム「サンシャイン牧場」などで知られるRekoo Japanさんにお邪魔しました。

「サンシャイン牧場」開発・運営のRekoo Japan
最大500万円の入社支度金でプロデューサーを募集

 毎日、数百本のソーシャルアプリがリリースされる昨今。そのほとんどが、ユーザーの目に止まることなく消えていく中で、誰もが名を知る「サンシャイン牧場」は別格の存在だ。現在、日本語版は利用者数が560万人を超え、今年春にはスマートフォン版がリリースされた。

 開発元であるRekoo Japan株式会社は、KDDI社と共同でのアプリ開発にも取り組み、現在mixi、グリー、モバゲータウンなどさまざまなプラットフォームで多くのアプリを展開している。

 そんな破竹の勢いで成長途上にある同社では、現在、プロデューサー職とディレクター職を大々的に募集している。とくにプロデューサー職には、高額な支度金が用意されており、多くの関係者の注目を集めた。なぜこの時期に、ここまでの熱意をもって人材を集めようとしているのか。自らプロデューサーとして活躍しながら、採用も担当する谷昌宏氏に話をうかがった。

Rekoo Japan株式会社 商品開発部 谷昌宏氏

 現在、Rekoo Japanが提供しているソーシャルゲームのタイトルは8つ。決して多くはない。数で勝負しない戦略の意図は、どこにあるのか。

 「現在、ソーシャルゲーム人気の上昇とともに新規参入が相次ぎ、多くの開発会社がユーザー獲得に向けてしのぎを削っている状況です。しかし、なかなか入り口を見つけてもらえず、気づかれることなく消えていくゲームも少なくない。幸い、『サンシャイン牧場』は数多くのユーザーを獲得しています。既存ユーザーにもっとゲームに親しんでもらうと同時に、『サンシャイン牧場』を軸として、他のゲームへの流入や連携を図ろうとしています」

 プラットフォームはソーシャルメディア。市場は世界である。Rekoo Japanの母体が、もともと中国のRekoo Mediaにあることから、対応する言語の選択肢として、中国語やロシア語も視野に入ってくる。日本市場に限っても、まだまだスマートフォンユーザーへの訴求は十分ではないという。

 前例がなく、ライバルも多いソーシャルアプリ業界において、他社にはないRekoo Japanの強みとは何か。谷氏は「日本ならではの“おもてなし”の精神と、勢いある中国の“機動力”」と語る。

 「デザインやプログラミングなど制作工程は中国で行っています。そこでの機動力、スピードは目を見張るものありますね。ディレクターが現地で指示を出すので、タイムロスもありません。一方で、マーケターやプロデューサーには、ユーザー感覚が不可欠です。日本のソーシャルゲームの世界は、やはり独特ですから。ヘビーユーザーであると同時に、普通の日本人の感覚もあわせ持つ必要があると思っています」(続きはキャリアジンでご覧ください)



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • CAREERzine編集部 (キャリアジンヘンシュウブ )

    プログラマやウェブマーケターなど、IT&ウェブ業界でのキャリア構築を支援する無料ウェブマガジンCAREERzineの編集部。出版社の歴史と信頼、ウェブマガジン編集部のフットワークと情報力を活かして、読者の皆さんのよりよいキャリア構築をお手伝いします。

バックナンバー

連載:気になるあの会社に編集部がおじゃましてきました

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5