Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Googleが発表した新しいプログラミング言語「Dart」を使ってみよう!

インストールからサンプルプログラムを動かすまで

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/10/11 15:40

 この記事では、2011年10月10日のgoto;カンファレンスで発表されたGoogleの新しいプログラミング言語「Dart」のインストールと動かし方を勉強していきたいと思います。

目次

はじめに

 10日にデンマークで開催されたgoto;カンファレンスにて、Googleの社員であるLars BakとGilad Brachaによって新しいプログラミング言語Dartの発表が行われました。

 公式サイトによると、Dartは構造化されたWebアプリケーションを作成するための新たなクラスベースのプログラミング言語と書かれています。さらに、シンプルさ、効率性、スケーラビリティを目標に開発されたとのことです。この新しく、挑戦的なプログラミング言語をぜひ一緒に試してみましょう!

対象読者

  • Webサービス開発に興味があるプログラマー
  • 新しいプログラミング言語に興味がある方

必要な環境

  • SnowLeopad以降のMac
  • XcodeとSubversionクライアントがインストールされていること

Dartとは?

 Dartとは、10日にGoogleが発表したWebアプリケーションのための新しいプログラミング言語です。主な特徴として、パフォーマンス、スケーラビリティ、生産性の高さといった3点があげられます。

 雰囲気としては、JavaScriptの利点を残しつつ、欠点を根本的に改善することを目指している開発途上の言語です。LL(Lightweight Language)のように気軽にプログラムを書き始めて、プログラムの規模が大きくなる過程でC++やJavaのような硬い型付とクラス・インターフェイスを簡単に導入できるようです。

 最終的には、専用のVMをブラウザに搭載して高速に動作させることを目指しているようですが、現実的にはChrome以外のブラウザに搭載されるかどうかは未知数です。もちろん、Googleはこの問題に対処するために、Dartで書かれたプログラムの多くはレガシーなJavaScriptにコンパイルできるように設計しています。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2011/10/27 22:13 コマンドが途中で改行されて、2つの表に分かれていたので修正。

著者プロフィール

  • 山下 大介(ヤマシタ ダイスケ)

      京都大学を中心とした、産官学共同プロジェクトのSOBAプロジェクトに参加後、同プロジェクトで開発したP2P配信によるVoIP技術を2005年に商業化。オープンソース、VoIP、P2P、クラウドコンピューティングに精通。趣味はGoogleの追っかけ。現在は、株式会社SOBAプロ...

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5