Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

C#で始めるテスト駆動開発
~TDDBC横浜の課題をやってみよう

C#で始めるテスト駆動開発入門(1)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/12/12 14:00

 「バグが半減する」と言われているコーディング技法、それがTDD(テスト駆動開発)です。この記事ではC#でTDDを行う方法を紹介するとともに、事前設計の重要性も説明します。

目次

はじめに

 各地でTDD Boot Camp(TDDBC)が開催されるようになり、このところTDD(テスト駆動開発)が注目を浴びています。ただ、自分でも試してみようと思った時に目につく書籍や記事などは、Java、Ruby、PHPといった、いわゆるオープンソース系の言語ばかり。.NET Framework(Windows)で開発の仕事をしているとTDDは関係ないんだろうか、…とさえ思えてくるかもしれません。

 しかし、そんなことはありません。.NET FrameworkでのTDDに必須のユニットテストフレームワークとして有名なNUnitの最初のバージョンは、Visual Studio .NET 2002がリリースされる以前の2001年に公開されています。.NET Frameworkは、生まれたときからTDDと共にあると言っても過言ではないでしょう。

 この記事では、TDDとTDDBCについて簡単に紹介したあと、C#でTDDを実施する手順を解説します。

対象読者

  • TDDに興味をお持ちの.NET Frameworkの開発者

必要な環境

 記事に添付されているサンプルコードは、無償で提供されているC# 2010 ExpressとNUnit 2.6用に書いてあります。それぞれ入手してインストールしておいてください(有償のVisual Studioをお持ちの方はそれで構いません)。

 VBをメインにしている人には申し訳ないのですが、C#の文法は難しくありませんから、この機会にC#のソースを読んでVBのコードに翻訳してみてください(筆者のサイトに、VBで解説した「VB2010 Express + NUnit 2.5 で、 初めての TDD Step by Step」という記事もあります)。

C# 2010 ExpressとNUnitの入手先、およびNUnitのインストール手順

 C#は2005以上、NUnitは2.5以上であれば、サンプルコードを入力して試してみることができます。お持ちでない方は、以下から入手してインストールしておいてください。

 


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • biac(ばいあっく)

    HONDA R&Dで自動車の設計をやっていた機械屋さんが、技術の進化スピードに魅かれてプログラマーに。以来20年ほど、より良いコードをどうやったら作れるか、模索の人生。わんくま同盟の勉強会(名古屋)で、よく喋ってたりする。 Microsoft MVP (Windows Developm...

バックナンバー

連載:C#で始めるテスト駆動開発入門

もっと読む

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5