Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

いつでもリッチなレポート機能を提供するSQL Server 2012の「Power View」

進化したSQL Server 2012の新機能紹介(7)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SQL Server 2012の目玉機能の一つであるリッチなレポート機能をブラウザで提供する「Power View」を紹介します。Power Viewでは、Excel 2010が必須だった「PowerPivot」と同様の視覚的に分かりやすいリッチなレポートを作成でき、Excel 2010がインストールされていない環境でも、ブラウザでレポートを作成・編集することができます。

目次

はじめに

 SQL Server 2012の重点強化ポイントの一つが、ビッグデータを前提としたBI(Business Intelligence)機能です。SQL Server 2012を使用することで、今までよりも効率よくデータ分析ができるように、性能の強化やデータ品質管理機能の追加、操作性の向上が行われています。性能強化については、『数十倍の性能改善を実現させうる列ストアインデックス』で紹介しました。データ品質管理機能については、『データ品質を向上させるBIツール Data Quality Services』で紹介しました。そして、今回紹介するのが、新たなレポート作成・表示機能であるPower Viewです。Power Viewは、視覚的に分かりやすいデザインとアニメーションでリッチなレポートを作成でき、いつでもブラウザで表示することができます。

対象読者

  • SQL Serverを使用するアプリケーション設計、開発者
  • SQL Serverデータベース管理者
  • SQL Server 2012の新機能に興味のある方

Power ViewとはPowerPivotのWeb版のようなもの

 SQL Server 2008 R2のリリースに合わせてExcelのアドインとしてPowerPivotが提供されました。PowerPivotは、従来からExcelで提供されていたピボットテーブルを機能拡張したもので、リッチなレポートを簡単な操作で作成できるようにしたものでした(図1)。BI(Business Intelligence)を使用する対象者を経営層から一般業務従事者にまで拡大し、従業員個々が日ごろからBIを活用し、自らレポートを作成するセルフBIを推進するために提供されました。

図1 PowerPivot for Excel
図1 PowerPivot for Excel

 しかし、PowerPivotを利用するには、Excel 2010が必須だったためセルフBIを促進する際にネックになるケースがありました。組織全体のソフトウェア環境をExcel 2010に変更する、もしくはBIを利用する従業員のみExcel 2010に変更するなどの対応が必要で、便利だけど導入しにくいことがありました。

 SQL Server 2012から提供されるPower Viewは、ブラウザベースでレポートの閲覧・作成をすることができます。PowerPivotでも作成したレポートをSharePoint Serverに登録しユーザー共有することはできましたが、レポートを作成することはできませんでした。Power Viewでは、Excel 2010がインストールされていない環境でもブラウザでレポートの作成・編集を可能にしました。

 Power Viewは、PowerPivotと同等の操作方法で、レポートの作成をすることができるため、PowerPivotユーザーとの親和性が高いと言えます。また、PowerPivotを使用したことがないユーザーでも、使用方法の習得は容易です。

 どこでも簡単に見栄えの良いグラフを作成でき、動的に変化するレポートで業務分析に専念できるのがPower Viewです。

Power Viewを使用するのに必要な環境

 Power Viewを使用するために必要な環境について説明します。

  • Active Directory
    • ドメインに参加しているサーバーか、ドメインサーバーが必要
  • SharePoint Server 2010 SP1 Enterpriseエディション
  • SQL Server 2012
    • Business IntelligenceエディションまたはEnterpriseエディション
    • データベースエンジン、Reporting Services、Reporting Servicesアドイン、PowerPivot for Sharepoint
  • Silverlight 5

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 大和屋 貴仁(ヤマトヤ タカヒト )

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2012年2月時点での登録メンバは37名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂き...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:進化したSQL Server 2012の新機能紹介

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5