Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

PyCon JP 2012 レポート
~第2回 プログラム以外の要素

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/10/01 14:00

 前回は基調講演およびセッション中に開催されたプログラムに関しての報告でした。第2回となる今回は、セッション以外で開催されたプログラムやそれに準じる催しに関して各担当から報告します。

目次

Python関連コミュニティ紹介

 鈴木たかのりです。ここでは一日目のランチタイムと並行して開催したコミュニティ紹介セッションについて紹介します。

 ランチ会場の広さの都合で一度に全員が入れないため、ランチの時間を長め(1時間45分)に確保することになりました。

 2日目は並行してオープンスペースが行われているので問題ないのですが、1日目のランチの時間をどうするかという問題がありました。

 ランチを食べる前or食べ終わった人が楽しんで、とは言え途中で退席してもそれほど苦にならないゆるい内容のイベントが必要となりました。なかなか難しい要求だな…と頭をひねっていましたが、最終的にPython関連コミュニティを紹介してもらうLTっぽいものを行うことにしました。

 最初は人の入りがあまりよくありませんでしたが、トークを続けているとだんだん人が増えてきて、最終的には発表者、来場者ともに楽しんでもらえたのではないかと思います。

 発表に参加したコミュニティも国内のみならず海外の話もあり、非常にバラエティに富んでいました。発表してもらった各コミュニティのみなさん、ありがとうございました。

 以下、私が覚えている範囲での参加コミュニティの一覧です。漏れがあったらすいません。

 直前に決めて準備ほぼゼロで開催したわりには、なかなか面白いイベントだったと思います。来年もどこかのタイミングで開催できると面白いかなと思いました。オープンスペースを使ってみるのもいいかもしれません。

Brian氏によるシアトルのユーザーグループの説明(日本語で!)
Brian氏によるシアトルのユーザーグループの説明(日本語で!)
駒.pyの紹介スライド
駒.pyの紹介スライド

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 鈴木 たかのり(スズキ タカノリ)

    PyCon JP 2016座長。 株式会社ビープラウド所属 部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い、その後必要にかられてPythonを使い始める。PyCon JPでは2011年1月のPyCon mini JPからスタッフとして活動し、2014年から座長。 他の主な活動は 一般社団法...

  • 今津 りこ(イマヅ リコ)

    PyCon JP はスタッフ3年目。だけど全然成長しない。 普段はうさぎの会社でフルスタック事務員やってたり、伝統肉協会というNPOでニコニコする仕事をしてたりします。今年の目標は、鹿のもも肉をひとりできれいに解体できるようになることです。 Twitter: @RicoImazu

  • 西本 卓也(ニシモト タクヤ)

    NVDA日本語チーム代表。 大学教員を経て個人事業者として独立。音声合成や音声認識、視覚や聴覚に障害がある人を支援する情報技術に興味を持つ。世界で注目されているオープンソースのスクリーンリーダー(画面読み上げソフト)NVDA日本語版の開発メンバー。共著書に「バージョン管理システム(CVS)の導入と...

バックナンバー

連載:「PyCon JP 2012」レポート

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5