Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

名寄せに関連して必要になる処理
―ASP.NETでの実装方法

既存のRDBシステムに会員情報の名寄せ機能を追加する 第3回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/11/13 14:00

 会員情報を含むRDBシステムでは、同じ人が別々のIDでテーブルに登録されることがありえます。本連載では、二重登録状態を解消する「名寄せ」機能の追加方法を紹介します。

目次

はじめに

 前回までは会員テーブルのみの更新処理を紹介しました。最終回となる今回は、関連するテーブルの更新を含め、名寄せにあたって考慮すべき点について紹介します。

  1. 関連テーブルの更新処理
  2. トランザクション処理
  3. 排他制御

対応可能なRDB

 MySQL(4.1以上)、SQL Server、Access、PostgreSQL、OracleなどのRDBで可能です。

 ただし、EXISTS演算子とサブクエリーが利用できないSQLiteでは不可です。

必要となる前提知識と環境

 前半部分はSQL命令の解説になるので、SQLの基礎知識が前提となります。

 後半部分は各回を通して、ASP.NET開発の基礎知識(SQL Serverへのアクセス方法、MultiViewコントロールの使い方を含む)、および以下の環境が前提となります。

  1. 開発ツール:Visual Web Developer 2010 Express SP1(以下、VWD2010と略記)
  2. 開発言語など:Visual Basic(以下、VBと略記)、コードビハインドモデルで開発
  3. 使用データベース:SQL Server 2008 Express Edition SP1

【理論編】名寄せに関連して必要になる処理

 RDBシステムであれば当然、会員テーブルに関連した(Relational)テーブルがあるはずです。会員テーブルの名寄せに連動して、関連テーブルの更新を含め、必要になる処理を紹介します。

RDBの正規化について

 本項はご存じであれば読み飛ばしていただいて結構です。

 Excelのような表計算ソフトを使って、会員管理を手作業で行っている場合は、下図のような表でも支障はないでしょう。

図1.正規化されていない会員管理表
図1.正規化されていない会員管理表

 しかし、RDBではプログラミングを単純化するため、「正規化」という作業が重要です。通常、第3正規化(データ内の繰り返し部分をなくし、主キー以外の列が主キーのみによって決まるように、テーブルの分割などを行う)までを行います。

図2.正規化されたテーブル群
図2.正規化されたテーブル群

関連テーブルの更新処理

 正規化されたRDBであれば、会員テーブルの名寄せを行った後、関連テーブル(前項の例では、MemberService)の更新を行うだけで事足ります。これ以外にも例えば「担当トレーナー情報」や「会費納入記録」などのテーブルがあるかもしれませんが、更新が必要なのは会員IDを外部キーに持ち、直接関連するテーブルだけでいいはずです。

 なお、関連テーブルには、第2回の会員テーブルと同様、「状況」列と「名寄せ先ID」列を追加し、誤操作だった場合の復元手段を確保するものとします。

 会員テーブルの名寄せにより、3つの会員IDを持っていた「渡辺京子」の会員IDは新たに払い出した「46071」になります。関連テーブルでは、元の会員IDを持つレコードを名寄せされたものとして処理します。その上で会員IDが「46071」、サービスIDが「名寄せ元のサービスID」のレコードを新規に作成します。ただし、「名寄せ元のサービスID」が重複するレコードは作成しないようにしなければなりません。

図3.会員テーブルと関連テーブルの名寄せ処理
図3.会員テーブルと関連テーブルの名寄せ処理

 RDBの中にはテーブル間にリレーションを作成し、主キーの変更に伴って外部キーを自動的に変更する機能を持つものもありますが、重複レコードを除く必要があるため、その機能では対応できません。

 「名寄せ元のサービスID」を重複しないように取り出すため、DISTINCT句を使ったSQL命令は以下のようになります。

リスト1 名寄せ元のサービスID」を重複しないように取り出すSQL命令
SELECT DISTINCT ServiceID FROM MemberService WHERE MemberID IN (4286,29153,30993) 

 また、名寄せした後で会員ID「29153」は別人であったことが分かった場合、会員テーブルと関連テーブルを復元する手順は、下図のようになります。

図4.誤操作だった場合の会員/関連テーブルの復元手順
図4.誤操作だった場合の会員/関連テーブルの復元手順

 なお、上記の処理が適さない関連テーブル(下図参照)も考えられます。

図5.関連テーブル処理のさまざまな例
図5.関連テーブル処理のさまざまな例

 ここでは単純な更新処理のみ説明しますが、お使いのシステムに応じて適切なテーブル更新処理を行うようにしてください。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 遠藤 存(エンドウ アリ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2012年2月時点での登録メンバは37名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂き...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:既存のRDBシステムに会員情報の名寄せ機能を追加する

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5