Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

【デブサミ2013】15-C-4 レポート
「無償でここまで使えるアドビのWeb制作ツール」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/03/21 14:00

 クリエイティブの世界を牽引してきたアドビが、2012年末に最新のWeb技術に対応した開発を支援する新ツール群「Adobe Edge Tools & Services」を発表した。いずれもクリエイターの生産性を大いに高め、しかも無償で使えるという。その使用感や効用を訴求すべく、同社マーケティング本部 デベロッパーマーケティングスペシャリストの轟啓介氏が機能紹介とデモンストレーションを行った。

目次
アドビ システムズ 株式会社 マーケティング本部
デベロッパーマーケティングスペシャリスト 轟啓介氏(撮影:峯雄一氏)
アドビ システムズ 株式会社 マーケティング本部 デベロッパーマーケティングスペシャリスト 轟啓介氏(撮影:峯雄一氏)

 HTML5の可能性が期待される一方で、生産性はクリアすべき課題の一つだ。CSSフリーでの開発やJavaScriptを使用したアニメーションの作成、さまざまなデバイスごとに動的に変化するWebデザインなど、Webサイトの制作には続々と新しい手法やアプローチが登場している。高いクリエイティビティを期待される中で生産性を両立させることは、クリエイターにとって不可避な課題と言えるだろう。

 そうした制作現場に対し、アドビが提案する「モダンなWebのためのモダンなツール」が「Adobe Edge Tools & Services」である。2012年9月の発表時には一部のみのリリースだったが、2013年2月15日にはプレビュー版も含めてほぼすべてがダウンロードできるようになった。

2012年9月に発表された「Adobe Edge Tools & Services」。2013年2月15日にもアップデートされた。
2012年9月に発表された「Adobe Edge Tools & Services」。2013年2月15日にもアップデートされた。

高度なアニメーション作成ツール「Adobe Edge Animate」

 まず、轟氏がセミナータイトルどおり“無料”で使えるものとして勧めるのが、2月15日にVer1.5になった「Adobe Edge Animate」だ。主にHTML5で、リッチなアニメーションコンテンツを作るためのツールであり、タイムライン操作で緻密な設定が行える。JavaScriptも使えるが、基本的なスクリプトが挿入できるため、いわゆる「ゴリゴリ」に書かなくても十分使えるという。

 実際の活用場面として、はじめに紹介されたのは、iOSやAndroidなどのスマートフォンにおける「アニメーションバナー」だ。また、HTMLを読み込んで加工できるので、既存サイトにもアニメーションが容易に追加できるという。轟氏は実際に会場でアニメーションバナーを作成し、CSSのグラデーション機能やEdge Web Fontsの利用、タイムライン操作の簡便性に加え、非対応ブラウザのアラート機能などを披露した。

タイムラインを使って直感的に動画を作成できる。
タイムラインを使って直感的に動画を作成できる。

 轟氏は「画像を使わなくてもここまでの表現ができる。アドビはDOM、Canvas、CSSのいずれのアニメーションにも対応しており、用途や環境に応じて動画作成の選択肢が増えたと考えてもらえば」と語る。そして事例として、押井守監督作品のiPad 向け電子出版「ちまみれマイ・らぶ」が紹介された。なお、メイキングやインタビューがアドビのギャラリーサイトに掲載されているので、関心のある人は閲覧するとよいだろう。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:【デブサミ2013】セッションレポート

もっと読む

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5