Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

RoRの習熟度を測る上位資格「Rails4シルバー試験」発表、秋にベータ試験を実施

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/07/09 12:08

 Rails技術者認定試験運営委員会は、9日、ヒューマンリソシアをRails技術者認定試験運営委員会に迎え、新体制にて新試験「Rails4技術者認定シルバー試験」の開発と実施を発表した。公開ベータ試験が2013年秋、本試験が2014年春の実施を予定している。

 試験名称は「Rails4技術者認定シルバー試験」で、Ruby on Railsの専門知識の習得を評価し、認定者の雇用機会や、認定者が所属する会社のビジネスチャンスの拡大を目的とする。対応バージョンはRails 4.0で、試験ではRuby on Railsの実務で使えるコーディング力を問う。

 出題形式は選択式(単一または複数選択)、設問数は40問、試験時間は1時間で、7割正解で合格となる。前提OSはUNIX系だが、出題は基本的にOSには依存しない。また、本試験では実行環境については問わない。

 試験会場は、全国のオデッセイコミュニケーションズ認定試験会場(CBT)で、受験料金は1回あたり12000円。

 テクニカル・アドバイザーを務める増井雄一郎氏は、同試験について「Ruby on Railsは、開発効率の高さと開発の楽しさを追求した開発環境です。Rails技術者認定シルバー試験はRailsのAPIの網羅率よりも、実践的なコード力を問うような試験を目指しています。楽しく仕事をする上でも、体系立てたコード力を習得することは大事です。その物差しの一つとしてこの資格を使って頂けると幸いです」とコメントしている。


【関連リンク】
Rails技術者認定試験運営委員会

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5