Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

PyCon APAC 2013 in Japanレポート
~第2回 プログラム以外の要素

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/10/16 14:00

 広報の筒井です。第2回は、プログラム以外の要素について紹介します。各担当者に、当事者ならではの体験談を語っていただきます。

目次

開発スプリントについて

 スポンサー担当の津田です。5月からPyCon運営スタッフとして参加しています。

 PyCon運営に関してはスポンサー担当として関わってきましたが、今回開発スプリントの司会進行を担当することになりました。

 スプリントとは短期集中型のソフトウェア開発イベントで、Hack-a-thon(ハッカソン)や開発勉強会といった呼ばれ方もしていると思います。PyCon USなどにならって、PyCon APACでもカンファレンスの終了後に開発スプリントを開催しました。

当日の話

 9月16日、台風直撃の最中に開発スプリントは開催されました。電車遅延も発生していた中、総勢約40名の方に参加していただきました。

 まずはスプリントリーダーの方に開発テーマを発表していただきました。

 その後はグループに分かれてワイワイ開発をします!最終的にはこれだけのグループができました。

 こちらは開発中の様子。ホワイトボードを使ったり、ディスカッションをしながら皆で開発を進めていきます。

開発中の様子(1)
開発中の様子(1)
開発中の様子(2)
開発中の様子(2)
開発中の様子(3)
開発中の様子(3)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 清田 史和(キヨタ フミカズ)

    PyCon JP 2016 プログラム担当副座長。 株式会社ヴァズ 所属 2012年からPyCon JP実行委員として活動を開始。Pythonは、5年前に立ち上げた SnapDish というサービスでプロダクション利用。IT分野では、Startup業を生業としている。最近は、コーヒーを通じた国際...

  • 川田 裕貴(カワタ ヒロタカ)

     PyCon JP 2015 ではプログラムチームに所属。筑波大学 システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻に所属する大学院生。普段は、Python とはかけ離れた OS などハードウェアとソフトウェアの間に生息する、低レイヤなソフトウェア屋をしている。Python は、趣味のプログラミン...

  • 神谷 亮一郎(カミヤ リョウイチロウ)

    PyCon JP 2014スタッフ。Sweet Remedy Inc.で投資銀行向けの経営コンサルティングをしています。Webサービスのために作った会社なのですが、まだ実現できていません……。 前職まではプログラミングは趣味の程度でしたが、昨年退職して念願のWebサービス立ち上げにむけて開発中です...

  • 筒井 隆次(ツツイ リュウジ)

    本業はWebエンジニア。メイン言語はJava、PHP、Python。 Pythonを学んだのは2011年ごろで、Python歴はまだ浅いのですが、書きやすさから今では一番お気に入りの言語になりました。 最近、仕事でも念願のPython(Django)デビューができました(PyCon JPスタッフ...

  • 津田 麻美子(ツダ マミコ)

    株式会社モバイルファクトリーで人事やっています。 趣味でプログラミングを始め、勉強会に参加していたところPyConの運営スタッフに誘われて3年目。そろそろスタッフとしてもベテランになってきた。人事だけど、デプロイ権限持ってます。 Twitter: @crazygirl_lover

バックナンバー

連載:「PyCon APAC 2013 in Japan」レポート
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5