Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

PyCon JP 2014 開催前レポート
~第1回 開催概要・基調講演

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/08/13 14:00

 メディアチームの筒井です。日本最大級のPythonカンファレンス「PyCon JP」の開催時期が今年も近づいてまいりました。PyCon JP 2014の魅力を多くの人に知っていただくために、この連載で開催前レポートをお届けします。今回から数回に分けて、各担当者が見所についてお伝えします。

目次

開催概要

 メディアチームの筒井です。開催概要について紹介します。

PyCon JPとは

 PyConは、Pythonユーザが集まり、PythonやPythonを使ったソフトウェアについて情報交換、交流をするためのカンファレンスです。PyCon JPの開催を通じて、Pythonの使い手が一同に集まり、Pythonにまつわるさまざまな分野の知識や情報を交換し、新たな友達やコミュニティとのつながり、仕事やビジネスチャンスを増やせる場所とすることが目標です。

 PyCon JP 2014では、「Pythonで再発見(英語テーマ: Rediscover with Python)」をテーマに据えました。カンファレンスを通して、Pythonの意外な使い方や、Pythonの活躍できる新たな領域を発見してもらえる場所にしたいと考え、企画を進めています。

 国内外の著名人による基調講演、日本語・英語による同時トラックのセッション、トップエンジニアからPythonを学べるチュートリアルなど、Pythonに興味がある人なら誰もが楽しめる内容を用意しています。

 また、今年はオフィスアワーやポスターセッションなどの新たな試みもあります。ぜひ、参加者のみなさんにさまざまな形でコミュニケーションを取ってもらいたいと考えています。

その他の概要
チュートリアル 2014年9月12日(金)
カンファレンス 2014年9月13日(土)-14(日)
開発スプリント 2014年9月15日(月・祝)
会場 ・チュートリアル: 市ケ谷健保会館・会議室 (東京)
・カンファレンス: プラザ平成 (東京)
・開発スプリント: 日本マイクロソフト株式会社 (東京)
テーマ ・日本語: Pythonで再発見
・英語: Rediscover with Python
参加者数(予定) 500名
参加費(チュートリアル) 7,500円(カンファレンス本体のチケットも同時に購入する必要があります)
参加費(カンファレンス) ・EarlyBird(早割): 7,500円(終了)
・学生: 5,000円
・一般: 10,000円
・パトロン: 20,000円
参加費(開発スプリント) 無料
チケット購入先(チュートリアル) http://pyconjp.connpass.com/event/7184/
チケット購入先(カンファレンス) http://pyconjp.connpass.com/event/6300/
運営 PyCon JP 実行委員会 PyCon JP 2014 運営チーム
連絡先 2014@pycon.jp
Webサイト https://pycon.jp/2014/
Twitterハッシュタグ #pyconjp

今年の見どころ

 座長の鈴木たかのりです。

 PyCon(Python Conference)は、Pythonのユーザーが集まり交流するためのカンファレンスで世界中で開催されています。昨年はPyCon APACという名前でアジア太平洋地域のイベントを日本で開催しましたが、今年はPyCon JPに名前を戻して、日本を中心とした国際カンファレンスとして開催します。ぜひ、日本中+海外から集まってきたPythonユーザーと交流して楽しんでください。

 PyCon JP 2014のテーマは「Pythonで再発見 / Rediscover with Python」としました。2011年のPyCon mini JPの頃は、まだ国内ではマイナーな存在だったPythonも、最近は広く知られるようになってきていると思います。そのPythonの意外な一面などを再発見できるイベントになればと考えています。

 今年も多くのスポンサー様、パトロンスポンサーの方々にご協力をいただいています。スポンサー・パトロンの方々に重ねて御礼申し上げます。

 今年も、日本国内で開催されるカンファレンスですが、トークセッションでは英語の発表も充実しています(比率は日本語2:英語1くらいです)。参加者のみなさんにはPyCon JP 2014で国際的な交流を楽しんでいただけるとうれしいです。

基調講演

 今年は、海外から1名、日本から1名に基調講演として登壇していただきます。詳しくは、次セクションで紹介をしております。どちらのセッションも楽しみです。

チュートリアル

 昨年も好評だった有料のチュートリアルを9月12日(金)に開催します。海外のPyConではPythonなどの講義を集中的に受け、仕事で使える技術を持ち帰ることを目的に、チュートリアルデーを設けることがあります。今年は中級レベルにステップアップしたい人向け、Python 3基礎、PyData入門の3つのクラスを用意しました。詳細は、改めてご紹介いたします。

ポスターセッションとジョブフェアー

 今年の新たな試みとして、ポスターセッションとジョブフェアーを開催します。

パーティー

 カンファレンス1日目(13日)の夜にPyCon JPパーティーを開催しますが、今回はチケット費用にパーティー費用を含めさせてもらいました。含めた意図としては、基調講演などの発表を聞く以外の、ランチ、コーヒーブレイク、パーティーなども含めて一つのPyCon JPというイベントを体験してもらいたいという考えからです。

 「初めての人と話すのは苦手」という方もいらっしゃると思いますが、同じPythonというキーワードで集まった人しかいないので、話が合う人はいるはずです。ちょっとだけ勇気を出して誰かとぜひ知り合ってみてください。もしくは、スタッフに声を変えてみるのも一つの手だと思います。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 筒井 隆次(ツツイ リュウジ)

    本業はWebエンジニア。メイン言語はJava、PHP、Python。 Pythonを学んだのは2011年ごろで、Python歴はまだ浅いのですが、書きやすさから今では一番お気に入りの言語になりました。 最近、仕事でも念願のPython(Django)デビューができました(PyCon JPスタッフ...

  • 鈴木 たかのり(スズキ タカノリ)

    PyCon JP 2016座長。 株式会社ビープラウド所属 部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い、その後必要にかられてPythonを使い始める。PyCon JPでは2011年1月のPyCon mini JPからスタッフとして活動し、2014年から座長。 他の主な活動は 一般社団法...

バックナンバー

連載:「PyCon JP 2014」レポート
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5