Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

グレープシティ、業務アプリにピボット機能を組み込めるスイート製品「ComponentOne Studio 2014J v3」を発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/01/15 16:19

 グレープシティは、業務アプリケーション開発に便利なコンポーネントを多数収録したスイート製品「ComponentOne Studio 2014J v3」を、1月15日に発売した。初回費用は「ComponentOne Studio Enterprise」の1ユーザーライセンス162000円で、1年単位の更新費用は初回費用の40%にあたる64800円。

 「ComponentOne Studio 2014J v3」は、新機能としてExcelのピボットテーブルやピボットグラフに似た、オンライン分析処理コンポーネント「OLAP」を、Windowsフォーム/WPF/Silverlightアプリケーション開発用のエディションに追加している。

 「OLAPコンポーネント」は、クロス集計(多次元データ分析)に最適化したデータグリッドで、コントロールにデータバインドするだけで、Excelのようなピボットテーブルをアプリケーション上で簡単に作成できる。

 フィールドをドラッグ&ドロップするだけで、あらゆる角度からのデータ分析を一瞬で実行可能で、データベース言語の知識を持たないエンドユーザーでも、簡単に扱える。

 なお、「OLAPコンポーネント」はWindowsフォーム/WPF/Silverlightアプリケーション開発用としてテクノロジーごとに提供しており、使用にあたっては「ComponentOne Studio Enterprise」のユーザーライセンスが必要で、「ComponentOne Studio Enterprise」のサブスクリプションサービス契約期間内なら、最新インストーラーで製品を更新して利用できる。

 その他の新機能としては、「ComponentOne Studio for WinForms」には「SQL Server Reporting Services(SSRS)レポート」の表示・出力機能、「ComponentOne Studio for ASP.NET Wijmo」には地理データの視覚化とスムーズな拡大・縮小や、画面と地理座標間のマッピング、および「Microsoft Azure Virtual Machines」と「Amazon EC2」のサポートを追加している。

 さらに、「ComponentOne Studio for WPF/Silverlight」にはインジケーター用コンポーネント「ProgressIndicator」、「ComponentOne Studio for WinRT XAML」にはWindowsストアアプリ用コンポーネントと同じAPIのWindows Phone 8.1向けコンポーネント「Universal Windows Apps」といった新機能を追加した。


【関連リンク】
グレープシティ
「ComponentOne Studio 2014J v3」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5