Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

SQL Serverのデータをグリッド表示するWPFアプリケーションの作成【増補改訂版】

ComponentOne Studioを活用したWindowsフォームアプリケーションの作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/02/27 14:00

 「ComponentOne Studio」に含まれるWPF対応のC1DataGridコントロールを使って、SQL Server上のデータをグリッド表示するWPFアプリケーションを作ってみます。

目次
補足

 今回の記事は、過去に掲載した記事『SQL Serverのデータをグリッド表示するWPFアプリケーションの作成』に、より細かいC1DataGridコントロールの使い方を加筆し、再構成しています。

はじめに

 WPF対応のC1DataGridコントロールは、初めて使う方でもすぐにデータベースのデータをグリッド表示することができる扱いやすいコントロールです。しかも、グループ化や集計、フィルタ機能など高度な機能があらかじめ実装されているので、複雑で難しいコードを書く必要は一切ありません。また、WPF用コントロールなので、WPFの高度なデザイン性を生かしたアプリケーションを作成できます。

 今回は、このC1DataGridコントロールを使い、SQL Server上のデータをグリッド表示するWPFアプリケーションを作ってみました。

マウスホバー行・選択行などをカラフルなグリッドで表示
マウスホバー行・選択行などをカラフルなグリッドで表示
グループ化やその場での数値入力機能をあらかじめ実装
グループ化やその場での数値入力機能をあらかじめ実装
セルをマウスの右ボタンでクリックするとセルの位置と内容をメッセージボックスで表示
セルをマウスの右ボタンでクリックするとセルの位置と内容をメッセージボックスで表示
Enterキーでカレントセルを移動できる
Enterキーでカレントセルを移動できる

対象読者

 Visual Basic 2010/2012/2013、またはVisual C# 2010/2012/2013を使ってプログラムを作ったことがある人。

必要な環境

 Visual Basic 2010/2012/2013、Visual C# 2010/2012/2013、Visual Studio 2010/2012/2013でプログラムが作れる環境。

 なお、本プログラムは次の環境で開発・動作確認を行っています。

  • OS:Windows 7
  • 開発Tool:Visual Studio 2010、.NET Framework 4

プログラム実行時の注意事項

 本稿の実行ファイル(バイナリファイル)を動かすには、zipファイルに同梱してある以下のファイルが必要になります。.NET Framework 4でのみご使用いただけます。

ファイル名 説明
C1.WPF.4.dll 本体アセンブリ
C1.WPF.DataGrid.4.dll 本体アセンブリ
C1.WPF.DateTimeEditors.4.dll 本体アセンブリ

 これらのファイルを、実行プログラムと同じフォルダに格納します。

 なお、本サンプルプログラムの実行ファイルには、2つのバージョンがありますが、いずれも記事で紹介している内容を確認できます。

  • DataGrid_WPF_vb.exe(行単位でカレントセルが移動するバージョン)
  • DataGrid_WPF_vb enter key.exe(カレントセルをEnterキーで下方に移動させるバージョン)

コンポーネントのインストール

 トライアル版は、グレープシティのWebページから申し込みできます。

 トライアル申込フォームが表示されますので、必要情報を入力して申し込むとトライアル版のダウンロード手順を記載したE-Mailが送られてきます。その手順にそってダウンロードを行ってください。また、ダウンロードファイルは圧縮ファイルになっていますので、解凍してインストーラを起動します。

 制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

コントロールと参照の追加

 ComponentOne Studioをインストールしたら、プロジェクトにコントロールを追加します。ツールボックスに専用のタブを作成し、使用するコンポーネントを追加します。追加するコンポーネントは、アセンブリ名が「C1.WPF.DataGrid.4」の「C1DataGrid」コントロールです。

アセンブリ名が「C1.WPF.DataGrid.4」の「C1DataGrid」コントロールを選択する@@
アセンブリ名が「C1.WPF.DataGrid.4」の「C1DataGrid」コントロールを選択する@@

 これらのコントロールを追加すると、プロジェクトに以下のランタイムライブラリへの参照が追加されます。

ファイル 内容
C1.WPF.4 本体アセンブリ
C1.WPF.DataGrid.4 本体アセンブリ
C1.WPF.DateTimeEditors 本体アセンブリ

 また、プロジェクトに以下のランタイムライブラリが追加されます(.NET Framework 4が必要です)。

ファイル 内容
C1.WPF.4.dll 本体アセンブリ
C1.WPF.DataGrid.4.dll 本体アセンブリ
C1.WPF.DateTimeEditors.4.dll 本体アセンブリ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5