Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「Wijmo(ウィジモ) 5」を使うならAngularJSとの組み合わせがオススメ

ECMAScript 5に準拠した高速・軽量なJavaScript UIライブラリ「Wijmo 5」の活用 第2回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載では、グレープシティが提供するJavaScriptライブラリ「Wijmo(ウィジモ)」について、サンプルとともに利用例を紹介します。今回はWijmoのニューバージョン「Wijmo 5」をJavaScriptライブラリ「AngularJS」と組み合わせて活用する方法を説明します。

目次

はじめに

 Wijmo(ウィジモ)は、グレープシティがHTML/JavaScript環境に向けて提供しているJavaScriptライブラリで、WebサイトやWebアプリケーションで活用できるUI部品を利用者に提供します。

 2015年1月にWijmoの新版「Wijmo 5」が国内でも提供開始されました。Wijmo 5は従来のWijmo(Wijmo 3)との過去互換性や古いブラウザのサポートを切り捨てることで、より高速/軽量なライブラリになっています。

 Wijmo 5の特徴として、JavaScriptライブラリ「AngularJS」の充実したサポートを挙げることができます。以前の記事で紹介したように従来のWijmoでもAngularJSを利用できましたが、Wijmo 3におけるAngularJSサポートがオプション的な位置づけだったのに対して、Wijmo 5はAngularJSで利用する方法をむしろ主流と位置づけ、ほとんどのサンプルでAngularJSが利用されています。Wijmo 5のすべてのコントロールをAngularJSのディレクティブ(独自のタグ)で記述でき、AngularJSの一部のようにWijmo 5を用いることができます。

図1 公式サイトでもWijmo 5のAngularJSサポートを積極的にアピール
図1 公式サイトでもWijmo 5のAngularJSサポートを積極的にアピール

 本記事ではWijmo 5とAngularJSを組み合わせて使用する方法を、サンプルを交えて説明していきます。

対象読者

  • WebサイトやWebアプリケーションのレベルをワンランク上げたい方
  • より軽量/高速なJavaScriptのUI部品を探している方
  • AngularJSとWijmoの組み合わせを本格的に活用したい方

必要な環境

 Wijmo 5はECMAScript 5をサポートする、いわゆるモダンブラウザをターゲットにしており、WijmoのWebサイトでは以下のブラウザがサポート対象として案内されています。

  • Internet Explorer:9以上
  • Google Chrome:5以上
  • Mozilla Firefox:4以上
  • Safari:5以上
  • Opera:12以上

 今回は以下の環境で動作を確認しています。

  • Windows 7 64bit版
    • Internet Explorer 11

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト  吉川 英一(ヨシカワ エイイチ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2017年5月時点での登録メンバは52名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂き...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:ECMAScript 5に準拠した高速・軽量なJavaScript UIライブラリ「Wijmo 5」の活用

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5