Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Facebook、「React Native for iOS」をリリース、React.jsのスタイルでネイティブアプリの開発が可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/03/27 14:30

 米Facebookは、開発者向けブログの3月26日(現地時間)付の記事において、開発者カンファレンス「F8 2015」でリリースした開発環境「React Native for iOS」について解説している。

 「React Native for iOS」は、JavaScriptやReactの技術をベースに、iOSのネイティブアプリの開発が可能なプラットフォーム。GitHubにてオープンソースで公開しており、Android版も近日中のリリースを予定する。React Nativeは、JavaScriptコアやUIなどを内包し、ネイティブアプリと変わらないパフォーマンスを実現している。

 React Nativeの基本的な思想は、「一度覚えれば、どんなプラットフォーム向けにも書ける」で、ルック&フィールなどがまったく異なるプラットフォームであっても、個別のプラットフォーム固有の技術を覚える必要がない。

 なお、App Storeで公開されてるアプリのうち、「Facebook Groups」はReact NativeとJavaScriptそれぞれのネイティブコードを備えたハイブリッドアプリで、「Facebook Ads Manager」はすべてReact Nativeで開発されている。


【関連リンク】
Facebook開発者向けサイト(英語)
「React Native for iOS」(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5