Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

TISとあくしゅ、クラウド間の差異を吸収する新技術の開発に着手

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/25 18:03

 TISとあくしゅは、ネットワークやストレージを含めたシステム全体をパターンとして記述する手法と、クラウドをまたがった資源管理を実現する仮想データセンター(VDC)技術を組み合わせ、ネットワークアーキテクチャなど、さまざまなクラウド間の差異を吸収してシステムの可搬性を高め、システムのクラウドロックインを打破する新技術を共同で開発していると、5月25日に発表した。

 同技術は、災害時のシステム復旧(Disaster Recovery)への応用や、システムライフサイクルに合わせた最適なクラウドへの乗り換え、一部システムの段階的なクラウドへの移行などの用途を想定している。仮想ネットワークや仮想ストレージを実現するOSSを組み合わせて実現されており、同技術自体もOSSとしての公開を予定する。

同技術によるシステム構築イメージ
caption

 両社は、2014年度に仮想データセンター実現のための第一歩として、あくしゅが提供するオンプレミス上のプライベートクラウド(Wakame-vdc)と、パブリッククラウド(Amazon Web Services)を組み合わせ、OSSの仮想ネットワークソフトウェア「OpenVNet」を利用してクラウド間にレイヤ2ネットワークを延伸し、クラウド間をシームレスに接続する技術と手法の開発・検証に成功した。

 2015年度からは、仮想マシンの設定だけでなく、ネットワーク機能やストレージ機能をパターンとして記述する手法の開発・検証を行うとともに、クラウドをまたがった分散ストレージの検証などを予定している。

 さらに、今後はTISが開発したクラウドオーケストレーションソフトウェア「CloudConductor」との組み合わせによって、同技術のエンタープライズシステムへの活用を目指す。


【関連リンク】
TIS
あくしゅ
CloudConductor

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5