Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

AWS、Gitレポジトリをホスティングするバージョン管理サービス「AWS CodeCommit」の提供を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/07/10 13:30

 Amazon Web Services(AWS)は、すでに発表されている、Gitレポジトリをホスティングするマネージドのバージョン管理サービス「AWS CodeCommit」の提供を、7月9日に開始した。1アクティブユーザーあたりの月額料金は1ドル。

 「AWS CodeCommit」は、Gitレポジトリをホスティングするマネージドのバージョン管理サービスであり、既存のGitベースのツールとも連携できる。ファイルはレポジトリとして構造化され、レポジトリサイズやファイル数に制限はない。

 バックエンドには、スケーラブルで冗長性を保ちつつ、堅牢にGitを実装しており、コードやアセットを安全に保持する。また、ファイルは暗号化されたレポジトリに保存され、IAMロールによる管理を可能にしている。なお、各開発環境間でやり取りされるデータは、すべてHTTPSまたはSSH接続を経由する。

 今後は、レポジトリへのプッシュを通知する機能や、CloudTailによるCodeCommit API呼び出しの記録、提供リージョンの拡大、WebベースのUIの追加などを予定している。


【関連リンク】
Amazon Web Services
「AWS CodeCommit」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5