Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

GitHub、オープンな地図サービス「OpenStreetMap」への投稿機能を提供

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/07/22 16:05

 米GitHubは、GitHub上にアップロードされたGeoJSONファイル経由で、コミュニティベースのオープンな地図サービスに情報を投稿する機能の提供を、7月21日(現地時間)に開始した。

 従来より、GitHub上では地理データ版のWikipediaともいえるOpenStreetMapと連携して地理的なデータの表示や比較ができたが、今回追加された機能によって、GitHub上のGeoJSONファイルからOpenStreetMapへのコントリビュートが可能になる。

 OpenStreetMapはコミュニティベースで運営されている地図サービスで、レイヤーに道路や川、建物などの情報を備えており、データは自由に使える。

 GitHub上にアップロードされているGeoJSONファイルを開き、「improve the underlying map」リンクをクリックすれば、地図へ情報を投稿できる。

 なお、2014年には非常に多数のユーザーが、OpenStreetMapとの地理的データの連携機能を利用しており、今回の投稿機能の追加によって、GitHubユーザーからOpenStreetMapへの「恩返し」を実現するとともに、今後も可能な範囲でOpenStreetMapへの支援を行っていく。


【関連リンク】
GitHub(英語)
OpenStreetMap

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5