Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

データベースのデータをもとに帳票を作成し、サーバーで共有もできる.NETアプリケーションの作成

ActiveReports for .NET 9.0Jを活用したWindowsフォームアプリケーションの作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/09/04 14:00

 ActiveReports for .NET 9.0JのActiveReportsコントロールを使って、データベースのデータをもとに、データを一覧表示するアプリケーションを作成します。また、新機能のActiveReports Serverを使った帳票データの共有機能も試してみます。

目次

はじめに

 データベースのフロントエンド作成ツールは、いろいろとありますが、ActiveReports for .NET 9.0JのActiveReportsコントロールは、データベースのデータをもとに帳票作成機能をアプリケーションに組み込むことができるコンポーネントです。

 データをレコードの数だけ繰り返し表示するセクションレポート、ページ単位でレポートをデザインするページレポート、セクションの出力位置やページの用紙サイズといったレイアウト上の制約を意識することなく、自由にレポートコントロールをレイアウトできるRDLレポートの3種類のレポートを作成することができます。データの種類や使用目的によって、作成する帳票の形式が異なってきますが、ActiveReportsコントロールを使用すれば、さまざまな形式の帳票作成に対応することができます。

 また、アプリケーションの形態もWindowsフォームだけでなくWPFやWebアプリケーションとして作成することができます。ActiveReports for .NET 9.0Jは、今回のバージョンアップでサーバー機能が追加され、作成したレポートをWebで共有し管理運用できるようになったり、ページレポートでレイヤー機能が使えるようになるなど、より一層使いやすさが増しています。

 そこで今回は、このActiveReportsコントロールを使用して、データベースのデータをもとに簡単な給与明細を作成するWindowsフォームアプリケーションを作成してみました。

簡単な給与明細を作るアプリケーション
簡単な給与明細を作るアプリケーション
レポート作成は専用のデザイナでビジュアルに編集できる
レポート作成は専用のデザイナでビジュアルに編集できる
複数のレイヤーでレイアウトを作成
複数のレイヤーでレイアウトを作成
ActiveReports 9.0J Serverを使ってレポートの管理運用が可能
ActiveReports 9.0J Serverを使ってレポートの管理運用が可能

対象読者

 Visual Basic 2010/2012/2013、またはVisual C# 2010/2012/2013を使ってプログラムを作ったことがある人。

必要な環境

 Visual Basic 2010/2012/2013、Visual C# 2010/2012/2013、Visual Studio 2010/2012/2013でプログラムが作れる環境。

 なお、本プログラムは次の環境で開発・動作確認を行っています。

  • OS:Windows 7
  • 開発Tool:Visual Studio 2010、.NET Framework 4

プログラム実行時の注意事項

 本稿のプロジェクトファイルを動かすには、記事に添付されているサンプルファイルに同梱してある以下のSQLサーバーデータベースファイルをSQLサーバーに組み込んでください。

  • 給与明細_Data.mdf
  • 給与明細_Log.ldf

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ActiveReports)
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5