Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

JavaScriptプラットフォーム「Node.js v4.0.0」がリリース、io.jsと統合し、今後は定期的なリリースに移行

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/09/09 14:25

 サーバ上でのJavaScriptによるWebアプリケーションの実行を可能にする、JavaScriptプラットフォーム「Node.js」の開発チームは、最新の安定版となる「Node v4.0.0」を9月8日(現地時間)にリリースした。

 「Node.js」は、Linux、Free BSD、Mac OS X、Windows、SmartOSに対応したJavaScriptプラットフォーム。最新の「Node v4.0.0」では、WebブラウザChromeの最新版と同一バージョンのV8 JavaScriptエンジン(V8 v4.5)を搭載しており、標準でES6の各種機能を利用できる。

 その他のおもな変更点としては、非同期のコールバックパラメータを扱えるchild_processの追加や、拡張モジュールのビルドツールnode-gypおよびパッケージ管理ツールnpmのアップデート、timerのパフォーマンス向上、utilの廃止に向けたドキュメントの追加記述などが行われている。さらに、io.jsプロジェクトとのコードベースの統一にともない、io.jsのコードのリネームも行われた。

 なお、「Node.js」では長期間サポート(LTS)と、定期的なサイクルでのリリースへの移行を進めているが、迅速なLTSへの移行のために、最初のLTSバージョンを10月にリリースする。また、バージョン5.xブランチを終了し、次期安定リリースとして新たにv5.0.0の開発を始める。

 今後は、毎年10月と4月の6か月ごとに、安定版のリリースを予定しており(マイナー版とパッチは除く)、それぞれの安定版は1年間サポートされる。


【関連リンク】
Node.js(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5