Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

グレープシティ、Visual Basicでマルチプラットフォームなアプリ開発を可能にするIDE「Xojo」を国内に提供

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/09/28 12:50

 グレープシティは、米Xojoが開発・販売する、ネイティブ/Webアプリを1つの言語で開発できる統合開発環境「Xojo(ゾージョー)」の総販売店として、10月6日からXojo日本語版のライセンス販売を開始する。

 Xojoは、「課題解決のためのアプリケーションを素早く誰でも簡単に開発できる」をめざした開発ツール。プログラミング初心者でも開発が可能なように、Visual Basicに似た言語を採用し、Windows、Mac、Linux、iOSのネイティブアプリとWebアプリの開発に対応している。

 XojoのIDEはWindows、Linux、Mac上で動作し、Xojoで開発されたアプリは、それぞれのOSの機械語コードにコンパイルされるため、高速で堅牢かつUIの自然さを兼ね備えたアプリが開発可能になる。多彩なコンポーネントを用意し、ボタンやテキストコントロールなどのUI部品、データベース、各種インターネットプロトコルなどをドラッグ&ドロップで開発することができる。

 また、2016年には、Xojoで開発したWebアプリをホストするクラウドサービス「Xojoクラウド」を提供予定。

 Xojoは、定額制のサブスクリプション方式で提供される。年間価格(税別)は、開発可能なアプリの種類によって異なり、下記の通りとなる。

  • デスクトップ(OS X、Windows、Linux):58000円
  • Webアプリ:58000円
  • iOS:58000円
  • Xojo Pro(デスクトップ、Webアプリ、iOS):135000円

 
【関連リンク】
グレープシティ
「Xojo」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5