Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「Firefox 42.0」がリリース、トラッキング保護機能付きのプライベートブラウジングを搭載

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/11/04 00:30

 米Mozillaは、WebブラウザFirefoxの最新版として、トラッキング保護機能付きのプライベートブラウジングを正式に搭載した「Firefox 42.0」を、日本時間の11月3日夜に公開する。

 「Firefox 42.0」に搭載される、トラッキング保護機能を備えたプライベートブラウジングによって、サイト間で行動を追跡する要素をブロックできる。

トラッキング保護機能付きのプライベートブラウジングの利用イメージ
トラッキング保護機能付きのプライベートブラウジングの利用イメージ

 デスクトップ版の新機能としては、サイトのセキュリティとプライバシーのコントロールを行う、「コントロールセンター」を新たに搭載する。また、パスワードマネージャのユーザー名とパスワードの保存タイミングの検出方式などの改良や、WebRTCにおけるIPv6のサポート、音声を再生しているタブへのアイコン表示などが追加されている。

 開発者向けの新機能としては、HTMLソースのタブへの表示、無線LAN経由でのリモートデバッグ、非同期呼び出しのコールスタックの表示、WebIDEでのFirefox OSシミュレータにおけるデバイス設定、CSSフィルタのプリセット、CSSフィルタツールチップ内でのフィルタのプリセット保存を新たにサポートする。

 Android版の新機能としては、他のアプリから送られたURLのバックグラウンドでの読み込みや、検索パネルにおけるQRコードからのURL読み込み、制限付きプロフィール向けの家族向けブラウジングのサポートなどが追加されたほか、ES6のReflectや、ImageBitmapおよびcreateImageBitmap()の実装といったHTML5への互換性を向上した。

 開発者向けの新機能としては、PC版同様に無線LAN経由でのリモートデバッグに対応している。

 なお、デスクトップ版、Android版ともに、すでに知られているUnicode表現の国際化ドメイン名を含むURLへのリダイレクトが正しく行われず、Server Not Foundエラーが発生する問題については、現段階では解決していない。


【関連リンク】
Mozilla Japan
Firefox

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5