Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Node.jsではじめるArduinoで人感センサ制御

Web屋がはじめるIoT 第1回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載では、Web界隈のエンジニアを対象に、IoT(Internet of Things)と関係が深いハードウェアを使った実装を試す手順を紹介していきます。出来るだけ簡単な操作で試せる内容を目指しますので、デザイナーやディレクターといった職種の方もチャレンジしてみてもらえたら幸いです。第1回は、Node.jsを使って、Arduinoと人感センサーを操作してみます。

目次

はじめに

 こんにちは、株式会社LIGというWeb制作会社でエンジニアをしている@n0bisukeです。IoTという単語をよく耳にするようになりましたね。これはハードウェアやセンサーなどを簡単に使えるプラットフォームが整ってきていることを示していると思います。

 ただ、Webの技術者とハードウェアの技術はかけ離れている部分が多く存在し、まだまだWebエンジニアにとって優しい世界にはなっていないと感じています。

 そこで「Web屋がはじめるIoT」というタイトルで連載を書かせていただきます。Webの知識しかない私のようなエンジニアがハードウェアを使った実装を試していきます。フロントエンドエンジニアやサーバーサイドエンジニアといったWeb界隈のエンジニアがメインの対象となりますが、デザイナーやディレクターなどの技術に興味がある人たちにも雰囲気が伝わる内容を書いていく予定です。

 また、筆者の環境(PC)はMac OS 10.10です。基本Macで開発をしている方を想定して話を進めますのでご了承ください。

Web屋がIoTをはじめるには

 Web屋が仕事をする上で外せない言語がJavaScriptです。サーバーサイド技術や言語はたくさんありますが、ブラウザ側はほぼJavaScript一択となっています。ということで、Web屋を対象に執筆するにあたり、基本的にはJavaScript(Node.js)でハードウェアの機能を扱う方法を紹介していきます(モノによってはその他言語も使う場合があるかもしれません)。

 実はJavaScriptでロボットやハードウェアを動かすコミュニティでNodeBotsというものもあり、世界的に広がっています。日本だとまだ知名度が低いですが、ぜひ今後一緒に盛り上げていきましょう。

 それくらいJavaScriptでIoTに取り組む需要が高まっているとも言えます。

まずはArduino

 IoTの代名詞とも言えるものがArduinoなどのマイコンボードです。Arduinoの他にもRaspberryPi、Intel Edisonなどが有名ですが、やはり歴史的にも世の中に出るのが早く、事例や情報も多く扱いやすいArduinoを使ってみましょう。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 菅原のびすけ(株式会社LIG)(スガワラ ノビスケ)

    学生時代にベンチャー企業役員の経験を経て2014年にLIGに入社。エンジニアとしてWeb制作に携わる。2015年にはIoT関連の活動を開始し、テクノロジーを開発者に届けるDevRel事業の責任者に就任。最近はJavaScript Robotics分野への関心が高い。 共著: 『JavaScript...

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5