Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

JetBrains、ReSharperとIntelliJをベースにしたC#向けIDE「Project Rider」を開発中

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/01/14 14:10

 チェコのJetBrainsは、英ロンドンで開催中の開発者向けカンファレンス「NDC London」において、同社がIntelliJプラットフォームとReSharperを用いたクロスプラットフォームのC#向けIDE(統合開発環境)「Project Rider」を開発中であると、1月13日(現地時間)に発表した。

 「Project Rider」は、ReSharperとIntelliJがベースのIDEで、迅速な修正、識別、わかりやすいナビゲーションを備えている。また、ReSharperが内部的にVisual Studioにホストされるため、「Project Rider」はスタンドアロンで動作する。

 「Project Rider」の、WebStormやDataGripといった他のIDEとの違いは、JVM上で動作するIntelliJプラットフォームにおけるReSharperによる実装であり、ReSharperをプロセスに囚われないヘッドレスモードで動作させれば、高速なカスタムのバイナリプロトコルで通信できる。そのため、バックエンドはC#で記述しつつ、フロントエンドをKotlinで記述して、IntelliJのAPIを介したやり取りも可能になる。

 JetBrainsは、「Project Rider」開発の理由として、同社がこれまでReSharperをVisual Studioから切り離して、異なる環境で動作させるために開発を行ってきたことや、非Windowsプラットフォームを対象にした開発者の増加と、そんな人々にもReSharperを使ってもらいたいという思い、そしてMicrosoftによるCoreCLRをはじめとした各種プラットフォームやC#言語のオープンソース化を挙げている。

 現在はバージョン1.0に向けて開発を行っている段階で、2月末を目途にしたプライベートEAPを予定する。その後、パブリックEAPに移行し、テスターからのフィードバックを受けた上で、2016年秋の発売を目指している。


【関連リンク】
JetBrains(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5